電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

253件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.013秒)

将来的には他地域への展開のほか、回収したCO2の一部を合成メタンやSAF(持続可能な航空燃料)の原料に活用して三菱商事の既存事業との相乗効果の発揮も狙う。

NXHD、SAFでCO2削減 (2024/4/17 生活インフラ・医療・くらし2)

NIPPON EXPRESSホールディングス(HD)は持続可能な航空燃料(SAF)の環境価値を割り当て、顧客の物流に関する二酸化炭素(CO2)排...

インタビュー/日本製紙社長・野沢徹氏 豪州事業の黒字化急ぐ (2024/4/16 素材・建設・環境・エネルギー2)

段ボールの生産性向上で豪州事業を黒字化する一方、木質由来のSAF(持続可能な航空燃料)用バイオエタノールなどの開発を進める。... 集約は雇用や地域経済への影響があり慎重に、需要を見つ...

JAL、SAFの価値証書化 (2024/4/12 生活インフラ・医療・くらし2)

日本航空(JAL)は持続可能な航空燃料(SAF)の活用による二酸化炭素(CO2)排出量削減の環境価値を証書化して、法人顧客に提供する事業「JALコーポレ...

日本ゼオン、米ヴィソリスと連携 SAFなど商業化 (2024/4/11 素材・建設・環境・エネルギー1)

日本ゼオンは米Visolis(ヴィソリス、カリフォルニア州)と、バイオイソプレンモノマーや持続可能な航空燃料(SAF)などの商業化を促進するための基本合意書(M...

JX石油開発(東京都千代田区、中原俊也社長)と住友商事は9日、住友商事が米国ルイジアナ州で進める持続可能な航空燃料(SAF)などの開発事業にJX石油開発が参画すると発表...

食糧と競合しないバイオマスを活用し、糖類やバイオエタノール、持続可能な航空燃料「SAF」などを生産する技術や認証取得に強みを持つ。

王子HD、木質由来ケミカル材量産 幅広く供給へ (2024/4/2 素材・建設・環境・エネルギー2)

SAF(持続可能な航空燃料)向けバイオエタノールにとどまらず、前工程での糖液や、発酵液中の乳酸を重合させてつくるポリ乳酸などを供給する。... SAFは原料を供給するが、自社で生産しな...

今年度の産機受注、2%増の見通し 3年連続プラス (2024/4/1 機械・ロボット・航空機1)

製造業向けは政府の支援もあり脱炭素の需要が本格化し、水素、アンモニア、持続可能な航空燃料(SAF)などの実証関連の投資を見込む。

廃食用油のSAF原料向け供給は金融業界では初めて。 ... SAF製造のSSEに渡し、燃料にする。... 三菱UFJ銀総務部は「(外食チェーンなどに比べると)集められ...

ENEOSと物語コーポ、廃食油でSAF製造 (2024/3/28 素材・建設・環境・エネルギー2)

ENEOSが和歌山製造所(和歌山県有田市)で事業化を進めるSAF製造プラントで原料として使う。 ... ENEOSはSAFの原料調達、自社製造、販売までの一貫体制の構...

日揮など、SAFで都と連携 廃油回収キャンペーン展開 (2024/3/27 機械・ロボット・航空機1)

日揮ホールディングス(HD)など3社は、国産の持続可能な航空燃料(SAF)製造の事業化に向けて東京都と連携する。3社が開拓しているSAF原料の廃食用...

東洋エンジ、脱炭素研究で千葉に新棟 (2024/3/25 機械・ロボット・航空機2)

同社は2025年度までの中期経営計画で、従来の事業分野の設計・調達・建設(EPC)の強化に加えて、燃料アンモニアや合成燃料、持続可能な航空燃料(SAF)などの次世代エネ...

学生と語るエネルギーの未来 石連がシンポジウム (2024/3/20 素材・建設・環境・エネルギー1)

SAFなど新燃料紹介 石油連盟はシンポジウム「学生×石油連盟エネルギーの未来を語る」を開いた。... 石連からは2050年のカーボンニュートラル(温室効果ガス〈GH...

日揮、相鉄の街づくりに参画 廃油・衣類再資源化 (2024/3/20 機械・ロボット・航空機1)

持続可能な航空燃料(SAF)の原料となる廃食用油の回収や、ケミカルリサイクルに向けた衣類回収、地域住民へのデジタルヘルスケアサービス提供に取り組む。 同施設の飲食店な...

海外のSAF製造案件への出資は出光にとって初めて。... 2027年のSAF製造装置の操業開始を目指す。 ... 出光は30年までに航空燃料使用量の10%をSAFに置き換える...

空港車両に次世代バイオ燃料 成田で4日から実証 (2024/3/1 生活インフラ・医療・くらし1)

実証実験では、廃食油などを原料に持続可能な航空燃料(SAF)を製造する際に副産物として生成されるリニューアブルディーゼルを用いる。

SAF用バイオエタノール計画 製紙4社、27年度量産へ (2024/2/29 素材・建設・環境・エネルギー1)

各社とも、SAFまでの作り込みには専門企業や大学との連携が不可欠との認識で一致している。 ... ただSAFなどは量とコストが相関関係にあり、より具体的で柔軟な計画の策定と実行が求め...

横浜市とJAL、SAF製造で連携 市内で廃食油回収 (2024/2/29 生活インフラ・医療・くらし)

【横浜】横浜市と日本航空(JAL)は28日、廃食油を原料とした持続可能な航空燃料(SAF)製造の推進で連携協定を締結した。... JALがSAFに関して自治体と連携協定...

航空分野では持続可能な航空燃料(SAF)によるインセットも可能だ。複数の物流企業がSAFを利用し、世界最大手の独DHLエクスプレスのカーボンインセット輸送「ゴーグリーンプラス」は日本で...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン