70件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

総務部や経営に近い立場の方、安全に関わる部署の方からのお問合せが多いです」 ―サーマルカメラと言えば以前問題になりました重症急性呼吸器症候群(SARS&#...

ここで注目したいのは、新型コロナは遺伝子的にSARSに類似しているとの報告がある点だ。新型コロナはSARS同様に冬に流行しており、収束までSARSと同様の経路をたどると仮定すれば、北半球の感染者の増加...

メディカゴはCOVIDー19の原因ウイルスであるSARS―CoV―2に対する抗体に関しても、カナダのラヴァル大学感染症研究センターと協力して研究を進めている。

過去に流行した中東呼吸器症候群(MERS)や重症急性呼吸器症候群(SARS)に比べ致死率は低いものの、感染者は増え続けており、感染が報告されていない国でもウイルスが急速に広がる恐れがある。 &...

過去の重症急性呼吸器症候群(SARS)や新型インフルエンザなどで納入実績を持つ。

過去に流行したSARSの致死率は10%弱、MERSは34%程度だったが、この3・5%という数字は、依然この感染症の危険性を表すデータとして確定的なものではない。

「新型コロナウイルスは、同じコロナウイルスである重症急性呼吸器症候群(SARS)ウイルスや中東呼吸器症候群(MERS)ウイルスよりも死亡率は低く、インフルエンザウイルスよりもやや高いと想定されている。

どのくらいで収束するかによるが、重症急性呼吸器症候群(SARS)が流行した時は消費を手控えた反動の動きもあった。

新型ウイルスのスパイクたんぱく質が結合する受容体たんぱく質は、重症急性呼吸器症候群(SARS)ウイルスの場合と同じ「ACE2」であることが分かっている。ただ、研究チームが新型ウイルスのスパイクたんぱく...

18日12時時点の全世界の感染者数は7万2865人で、過去に発生したSARS(約8000人)、MERS(約2500人)と比べると、その感染力は著しく強い。

新型肺炎は重症急性呼吸器症候群(SARS)に比べて感染の広がりが大きく、中国の1―3月期の実質国内総生産(GDP)は前期比1ポイント下落の5%に落ち込むとの見方もある。

中国が2003年の重症急性呼吸器症候群(SARS)流行時と同じ過ちをまた犯してしまったのは罪が重い。

(総合1参照) 2002―03年に流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)を参考に、感染拡大が4月ごろまで続き、訪日客の減少は2―5月にかけて進むとの前提で試算した。

新型コロナウイルスは高い確率でウイルス性肺炎を引き起こすものの、同じコロナウイルスである重症急性呼吸器症候群(SARS)ウイルスや中東呼吸器症候群(MERS)ウイルスほどの重症化リスクはないという見方...

財務省によると中国からの自動車部品輸入額は2019年は3285億円で、重症急性呼吸器症候群(SARS)が猛威を振るった03年の371億円に比べ10倍近くに急増した。

中国経済が日本経済に与える影響は、2002年11月に発生したSARS(重症急性呼吸器症候群)の時より格段に大きくなった。世界における中国経済のシェアを見ると、名目国内総生産(GDP)に占める割合は、S...

このうち重症化傾向のある中東呼吸器症候群(MERS)や重症急性呼吸器症候群(SARS)などはアジア中心に流行し、数百人規模の死者を出しました。

(2003年に発生した)重症急性呼吸器症候群(SARS)の5カ月程度覚悟すればよい」と見通しを示した。

ただ、重症急性呼吸器症候群(SARS)と同期間で終息すれば影響は限定的との見方もある。

【北京=時事】中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎の死者は3日、中国で361人となり、2003年に大流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)による中国の死者349人を上回った。

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる