59件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.015秒)

テムザック(京都市上京区、川久保勇次社長)は、医療の臨床実習用や災害救助向けなど、顧客のニーズに対応したロボットシステムを開発・製造する。同社が注力するのは、中央制御ではなく...

自動化・省力化機器の設計製作を手がけるニシテック(西川知潮社長)は、対象物の色や模様、質感を高精度に識別できる「色柄センサー」を開発した。同センサーとロボットを組み...

マクシスエンジニアリングは2015年の展示会「国際ロボット展」でけん玉ロボットを初披露した。制御技術のPRが狙いで、得意の力覚センサーと画像処理の技術を生かした。今ではロ...

手がける企業はまだ数社しかないが、テックマジック(白木裕士社長)はそうしたシステムインテグレーター(SIer)の1社だ。

ただロボット事業が成長するにつれ、外部のロボットシステムインテグレーター(SIer)への外注コストや技術対応力がネックとなり、自らSIerを手がけ始める。

「ロボットを導入したがうまくいかない」「開発した技術で何かしたい」―。顧客の要望に応える駆け込み寺を自負するのはプログレス・テクノロジーズ(中山岳人社長)だ。社員の...

北九州市は、中小製造業の生産性向上を目的とした団体「北九州システムインテグレータネットワーク(SIerネットワーク)」を2018年に立ち上げた。... SIerネッ...

古賀機械製作所(堺市美原区、古賀弘司社長)は、タッピングマシンをはじめとする生産設備の開発・製作から、ロボットシステムを活用した機械周辺の自動化まで手がけ...

日鉄テックスエンジは日本製鉄の完全子会社として機械・電気・建設におけるエンジニアリングを手がける。このうち品質改善や生産性向上のため設備の自動化を実現するロボティクス事業...

「SIerの機能や経験は豊富だが、社外へのアピールが足りなかった」と茶原取締役は苦笑する。 ロボット用力覚センサー事業を強化中の親会社の新東工業や、21年4月にグループ入りしたSIe...

エヌテックはペットボトル飲料工場の搬送、検査、梱包工程の関連自動化設備を手がける業界屈指のメーカーだ。同飲料は、プリフォームと呼ぶ容器の中間材を膨らませ、充填、検査、梱包をして出荷されるのが...

シナジーシステムのSIer業務のメーン対象は産業用自動機器。... 「SIerは、お客さまの自動化に向けて予算の中で最適な方法を提案し、製作するのが仕事」(同)という姿勢でユ...

Yper(イーパー、内山智晴社長)は、自動配送ロボット「LOMBY(ロンビー)」を使って、ラストワンマイル(目的地までの最後の区間...

KADO(兵庫県たつの市、倉谷泰成社長)は、FRP(繊維強化プラスチック)などの先端複合材料を使った成形品の量産ラインの自動化支援を手がけ...

「SIer任せにしないためのSIer」という、一見すると逆説的にも思える方針で提案を強化する。 同社のSIer事業は現在、顧客の要望に応じた個別対応という従来型の提案が中心...

ナブテスコサービス(澄川和夫社長)は、オートコネクタ(自動着脱装置)や配管自動切替装置の設計から製造、販売、メンテナンスまで一貫して手がける。オート...

AKシステムは2010年頃からロボットSIerとしての経験値を積む。

「課題解決を上流から提案ができる」と今井嘉之社長は、SIer業界内での強みをアピールする。 ... 他のSIerと用途別システムの共同開発も進める。

同社が目指す姿は、顧客のどんな相談にも応えられる「食品工場のワンストップSIer」。

アイズロボは、産業用ロボットと周辺自動化設備の企画や設計、製造、据え付けまでを手がける。「生産の困り事を顧客と一緒に検討し、ロボットも使いながら現場改善に努める」と久保光男社長は仕...

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる