電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

2,259件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

住友化学は住友ファーマが持つiPS細胞(人工多能性幹細胞)関連技術を生かした再生・細胞医薬などを中長期的な成長領域として掲げている。... 野村博社長は木村次期社長についてこう語り、「...

住化、4事業部門に再編 次世代成長モデル確立 (2024/5/9 素材・建設・環境・エネルギー2)

また、アドバンストメディカルソリューションではiPS細胞の技術を生かした再生・細胞医薬品に取り組む。

コーセー、iPS由来美容品開発 米社など提携 (2024/5/9 生活インフラ・医療・くらし)

コーセーは8日、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を用いた美容商品の開発を目指し、米アイ・ピース(カリフォルニア州)、レジュ(東京都港区)...

信州大学の桑原宏一郎教授らは、複数の心筋細胞の塊である心筋球をヒトの人工多能性幹細胞(iPS細胞)で作り、心筋梗塞のサルに移植することで心臓の再生に成功した。... そのためヒトiPS...

患者由来のヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から3次元網膜のミニチュア臓器(オルガノイド)を作製し、解析した。... 理研の井上治久チームリーダー(京大iPS細...

アルクタス、4.4億円調達 膝関節症治療にiPS細胞利用 (2024/4/17 生活インフラ・医療・くらし1)

資金はiPS細胞(人工多能性幹細胞)を利用した変形性膝関節症の治療法の実用化に向けた研究開発に活用する。 アルクタスは佐賀大学の中山功一教授と京大iPS細胞研究所の池...

13の国内パビリオンでは、ヒト人工多能性幹細胞(iPS細胞)で作った動く人工心臓、触覚やにおいを遠隔地に伝える通信技術、大気中から回収した二酸化炭素(CO2)からメタン...

京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の長船健二教授らは、再生が困難な腎臓の人工多能性幹細胞(iPS細胞)による作製に挑戦している。... 人工透析に代わる治療法としての...

住友ファーマ、米でパーキンソン病の企業治験 (2024/4/2 生活インフラ・医療・くらし)

住友ファーマは米国で人工多能性幹細胞(iPS細胞)由来ドーパミン神経前駆細胞を用いたパーキンソン病治療の企業治験を近く始める。... 住友ファーマが米国で他家iPS細胞由来分化細胞を用...

だが、従来法は全て凍結保護剤として化学物質を用いており、人工多能性幹細胞(iPS細胞)などで影響が懸念されている。... ヒトiPS細胞やその分化細胞、輸血用の血液細胞などでの利用が期...

理化学研究所は人工多能性幹細胞(iPS細胞)を利用して細胞応答の基盤モデルを開発する。iPS細胞を分化誘導した100種類の細胞に5000種の刺激を与えて経時変化を計測する。... これ...

テルモ、京大と共同研究 iPS細胞の自動培養・分化 (2024/3/20 生活インフラ・医療・くらし)

テルモは19日、米子会社テルモBCTと京都大学iPS細胞研究財団(京都市、山中伸弥理事長)が、人工多能性幹細胞(iPS細胞)の培養と分化の自動化を確立するため、共同研究...

他人のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作った心筋細胞をシート状にして拡張型心筋症の患者に移植し、心機能の回復を目指す国内初の臨床試験(治験)を大阪大学の研究チームが始...

製薬企業 変革への道筋(5)東和薬品社長・吉田逸郎氏 (2024/3/13 生活インフラ・医療・くらし1)

iPS細胞(人工多能性幹細胞)関連の増強は検討中。

稲盛財団、若手50人に研究助成金 (2024/3/12 科学技術・大学)

対象は京都大学iPS細胞研究所の大野博久特定拠点助教の「精密な遺伝子発現制御を可能とする人工RNAの開発」など。

製薬企業 変革の道筋(3)住友ファーマ社長・野村博氏 (2024/3/11 生活インフラ・医療・くらし)

パーキンソン病向けの他家人工多能性幹細胞(iPS細胞)由来ドパミン前駆細胞で世界初の治療技術としての臨床試験を日本で行い、プレゼンスを作る」 ―海外では北米市場がカギ...

精子と卵子を受精させるのではなく、ES細胞や人工多能性幹細胞(iPS細胞)から疑似的な胚盤胞を直接誘導したり、女性患者から病気で摘出された子宮内膜を培養したりする技術は近年海外で開発さ...

関東、関西、北陸にも営業拠点を持ち、帳票・伝票、化粧品などのパッケージ、通知書などの可変印刷(IPS)も手がける。... 強化してきたIPSやパッケージが伸びている」 ...

住友ファーマ、再生・細胞医療で日米拡充 (2024/2/26 生活インフラ・医療・くらし)

日本では、他家人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った網膜色素上皮細胞の治験に続き、iPS細胞由来のドーパミン神経前駆細胞をパーキンソン病向けで2024年度内に市場投入したい考え。......

23年9月に人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作製した心筋シートの重症心不全に対する臨床試験の最終結果が薬事規制当局に提出され、パーキンソン病や脊髄損傷に対する臨床試験も進行中である。

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン