1,859件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.01秒)

富士フイルムは再生医療領域でも、特にiPS細胞を使った事業展開に力を注いでいる。... さらにFCDIの細胞製造技術を生かし、ヒトiPS細胞を活用した創薬支援業務の受託を日本国内で26日開始する。.....

京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の井上治久教授と今村恵子特定拠点講師、理化学研究所の矢田祐一郎特別研究員らは22日、運動神経細胞が変異・消失する筋萎縮性側索硬化症(ALS)患者の早期診断を支援する...

Muse細胞で脳梗塞治療 低コスト「他家細胞」で再生医療実現へ 生命科学インスティテュート(LSII、東京都千代田区)は、多能性幹細胞の一種「Muse細胞」を使った細胞製品「CL20...

富士フイルム、創薬支援 米でiPS細胞製造 (2021/2/9 素材・医療・ヘルスケア)

富士フイルムは、ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)を活用した創薬支援業務の受託を26日から開始する。... ヒトiPS細胞由来の心筋細胞を活用し、医薬品の候補化合物によって起きる致死性の不整脈の発生リ...

大阪大学大学院医学系研究科の林竜平寄付講座教授と西田幸二教授らは、ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)から眼球の白目部分である結膜の細胞を作る方法を確立した。... iPS細胞から眼の3次元組織を作り、...

九州大学と理化学研究所などの研究チームは、卵子に含まれる特殊な細胞質(卵細胞質)の形成に必要な遺伝子を特定し、胚性幹細胞(ES細胞)や人工多能性幹細胞(iPS細胞)から短期間に大量に卵細胞質を持つ細胞...

富士フイルム、ノロウイルス増殖に成功 iPS細胞活用 (2021/1/22 素材・医療・ヘルスケア)

富士フイルムは、ヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)由来腸管上皮細胞「エフ・ハイシーク(F―hiSIEC)」を用いて、ヒトノロウイルスを増殖することに成功した。... エフ・ハイシークは、名古屋市立大学...

神戸市立神戸アイセンター病院は2021年春にも、他人由来のiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作製した網膜色素上皮(RPE)細胞を含む液体を、視細胞が変性し視力低下を招く「RPE不全症」の患者へ移植する...

京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の入口翔一研究員と金子新教授らは18日、培養条件を整えるフィーダー細胞や牛の血清など動物由来成分を使わずiPS細胞(人工多能性幹細胞)から免疫細胞のT細胞を大量作製...

「脱炭素」シフト エンジ、成長へ「医薬」開拓 (2021/1/12 機械・ロボット・航空機1)

「細胞の遺伝子の組み合わせについて研究する話はいろいろ出ている。... 当社は製薬会社など出身の人材を採用し、細胞に関する研究に数年にわたり取り組んでいる。iPS細胞(人工多能性幹細胞)を用いた診断技...

日機装は、京都大学iPS細胞研究所、京都大学iPS細胞研究財団、リジェネフロ(京都市)とiPS細胞(人工多能性幹細胞)を使った腎臓病治療に関する共同研究契約を締結した。 腎臓のもとと...

ゲノム編集に“光” 食品の品種改良加速 (2021/1/7 科学技術・大学)

こうした産業微生物に対して、生物工学的な手法としては昔から遺伝子組み換え技術が使われてきたが、ゲノム編集を取り入れて高機能物質を効率良く作ることが可能になってきた」 ―iPS細胞(人...

同支援プログラムのうち、「iPS細胞研究中核拠点」事業で京都大学iPS細胞研究所(CiRA)が10年に設立された。... 千葉大と理研は、iPS細胞から作製した免疫細胞「iPS―ナチュラルキラー(NK...

「iPS細胞(人工多能性幹細胞)由来の心筋細胞シートを開発する大阪大学発ベンチャーに出資した。再生医療などで使う細胞培養器は、目的とする細胞だけではなく菌も繁殖しやすくなるというリスクがある。細胞には...

アイ・ピースは医療用iPS細胞を血液から作製するサプライヤー。... 同社のiPS細胞作製拠点は京都市西京区にあり、子会社が5月、臨床用iPS細胞の作製を始めた。... 協業により臨床用の高品質なiP...

大阪大学医学系研究科の沢芳樹教授らは、重症心筋症患者へのiPS細胞(人工多能性幹細胞)から作製した心筋細胞シートの医師主導治験について、経過を報告した。... シート3枚、計約1億個の細胞を移植した。...

宇宙空間での燃焼実験とiPS細胞(人工多能性幹細胞)の培養実験などのさまざまなミッションに“全集中”で挑んでいる。

中国地域創造研究センター、11テーマ採択 (2020/12/16 科学技術・大学)

「iPS細胞の分化誘導における高品質・安定化に向けた微小環境制御デバイスの開発」(香川大学・寺尾京平准教授)や「耐熱・耐摩耗性防曇コート膜の開発」(広島大学・大下浄治教授)など合計11テーマ。

京都大学iPS細胞研究所(CiRA)の斉藤博英教授らの研究グループは、RNA(リボ核酸)構造に関するライブラリーを作成し、たんぱく質との相互作用を大規模に解析するシステム「FOREST」を開発した。....

iPS細胞を再生医療で活用する際に問題となる拒絶反応を抑えた細胞で、人に投与できる体制を整える。... 「iPS細胞を遺伝子編集して作った細胞で、免疫拒絶反応を抑制できる。... 「遺伝子編集したiP...

おすすめコンテンツ

メカニズム展開で開発生産性を上げろ
品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

メカニズム展開で開発生産性を上げろ 品質と設計根拠が「見える」「使える」「残せる」

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

技術士第二次試験「総合技術監理部門」難関突破のための受験万全対策

2021年度版 技術士第二次試験 
「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2021年度版 技術士第二次試験 「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

例題練習で身につく 
技術士第二次試験論文の書き方 第6版

例題練習で身につく 技術士第二次試験論文の書き方 第6版

幾何公差<見る見るワカル>演習100

幾何公差<見る見るワカル>演習100

わが青春の碑 
人生は旅、人は旅人

わが青春の碑 人生は旅、人は旅人

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる