電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

220件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.008秒)

デンカ、千葉工場に70億円投資 低誘電絶縁材を生産 (2024/5/22 素材・建設・環境・エネルギー1)

スネクトンは、次世代高速通信(Beyond5G、6G)における電気信号の損失「伝送損失」を低減するのに必要な電気特性を備える。

楽天モバイル、韓国ステージXと協業 28ギガヘルツ帯域など活用 (2024/5/3 電機・電子部品・情報・通信)

韓国で28ギガヘルツ(ギガは10億)帯域を用いた第5世代通信(5G)サービスを計画しているステージXと、技術とビジネス領域での協業に向けた包括的な枠組みを確立する。&#...

アンリツが3カ年新中計、成長投資400億円 6G関連でM&A (2024/4/26 機械・ロボット・航空機)

株主資本利益率(ROE)は12%(24年3月期は6・3%)を目指す。 ... M&Aの対象としては、第6世代通信(6G...

ニュース拡大鏡/全国一律サービス変更 NTT、モバイル軸に (2024/4/24 電機・電子部品・情報・通信1)

まずは試算の根拠を示した上で、第6世代通信(6G)や衛星通信など近未来の通信技術にも対応できる制度が求められる。

現在提供している第5世代通信(5G)網で送信時の最速である同4・9ギガビットの約20倍の速さに相当する。 ... これにより、6G時代を担うとされるサブテラヘルツ帯を...

ただ足元は半導体の生産が回復してきており、第5世代通信(5G)や第6世代通信(6G)を見据えた需要拡大の動きなどから、より高機能な半導体を製造しようという投資意欲は高い...

成長をけん引する高機能材料 三菱ケミカルG(3)半導体関連 (2024/4/2 素材・建設・環境・エネルギー2)

6インチウエハーのサンプル提供にも、できるだけ早く着手したい考え。第5世代通信(5G)や6G時代の到来を見越し、「より高周波で動作する時にシャープなスイッチのオンオフではGaN基板が際...

中興メタバース(4)進む法整備と振興策 (2024/3/22 電機・電子部品・情報・通信)

そうした背景から統一のルールを設けようという機運が高まり、2022年6月には国際協調を図る団体として「メタバース・スタンダード・フォーラム」が発足した。... また、メタバースを実現する上で重要な技術...

屋外でテラヘルツ通信 早大など装置開発 (2024/3/14 科学技術・大学2)

悪天候に左右されにくく、信頼性の高いビヨンド第5世代通信(5G)や6G向け通信システムの基地局を接続するネットワークの構築に貢献すると期待される。 ... 6Gなど次...

アンリツ、韓国と6G協業 政府系団体に測定器納入 (2024/3/13 機械・ロボット・航空機2)

アンリツは韓国の政府系団体「韓国電波振興協会(RAPA)」と、第6世代通信(6G)の商用化を見据えて協業する。... 6G商用化に積極的な韓国で知見を得て、6G対応測定...

表面に粗さがないため、第5世代通信(5G)や第6世代通信(6G)に活用した場合、熱の発生を抑制できて通信障害を防げる。

安価で量産が可能なCMOS集積回路で300ギガヘルツ帯の無線伝送が実現できるようになり、毎秒100ギガビットを超える次世代の第6世代通信(6G)無線機の開発につながる。

ニュース拡大鏡/国内携帯通信、海外企業と連携強化 (2024/2/27 電機・電子部品・情報・通信)

NTTドコモも韓国のSKテレコムなどと第6世代通信(6G)実現への協力で合意した。5Gの国際競争で出遅れた国内通信大手は6Gで主導権を握るべく、業界標準となる技術の開発を急ぐ。... ...

NTT、6G協力拡大 韓・独社と実証で合意 (2024/2/26 電機・電子部品・情報・通信)

NTTは韓国通信大手のSKテレコム、ドイツの高周波用高性能測定器大手のローデ&シュワルツと第6世代通信(6G)の実現に向けた実証実験への協力で合意した。富士通やNEC、フィンラ...

6G通信向け 東北大学のイン・ホワン特任助教と金森義明教授らは、透過周波数を調整できるメタマテリアルフィルターを開発した。... 第6世代通信(6G)候補のテラヘルツ...

三菱ケミカル、低誘電・高周波材 次世代通信機器に提案 (2024/2/6 素材・建設・環境・エネルギー1)

エレクトロニクス関連は特に注力する分野であり、両製品を第5世代通信(5G)だけでなく6G関連などにも訴求。

NTTドコモ、遠い場所から味覚共有 再現技術開発 (2024/1/30 電機・電子部品・情報・通信2)

ドコモ6Gネットワークイノベーション部ユースケース協創担当の石川博規氏は、実用化への課題を「味覚再現駆動装置で再現できる料理レシピを増やすことと、人間拡張基盤が分析する味覚感度の精度を上げることだ」と...

KDDI、MWCに初出展 車向け通信基盤など紹介 (2024/1/23 電機・電子部品・情報・通信1)

第6世代通信(6G)向けの各種無線技術などを紹介する。

6G通信基板に提案 【京都】魁半導体(京都市下京区、田口貢士社長)は、フッ素樹脂(PTFE)基板と銅薄膜の接合を独自のプラズマ処理と熱圧着で可能にする...

アンリツ、情報通信の国際標準策定ITU委 SG5加盟 (2024/1/17 機械・ロボット・航空機2)

次世代の第6世代通信(6G)の規格策定を見据え、ITU―R加盟企業と情報を共有し、2030年ごろとみられる6G実用化に備える。6Gで実現する新機能やそれらの活用サービスに自社の測定器を...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン