電子版有料会員の方はより詳細な条件で検索機能をお使いいただけます。

2,273件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

【千葉】ひまわりベンチャー育成基金(千葉市中央区、米本努理事長=千葉銀行頭取)は、千葉銀行本店(同区)で2024年度上期の助成金交付式を開き...

導入した機械はいずれもオークマ製で、複合加工機「MULTUS U4000」、旋盤「LB4000 EXII」、立型マシニングセンター(MC)「MB―56VB」。 ...

11月まで日本で商談会 韓国技術ベンチャー財団の東京事務所(東京都港区、金顯鍾〈キムヒョンジョン〉所長)は、韓国・京畿道(キョンギド)の中小・ベンチャ...

iPS細胞(人工多能性幹細胞)由来の医薬品が医療現場で使われる日が近づいている。大阪大学発ベンチャーのクオリプスと製薬大手の住友ファーマは、それぞれ2024年に製造販売の承認を厚生労働...

タカラバイオ、順天堂大VBと提携 難聴治療薬開発で協力 (2024/6/20 生活インフラ・医療・くらし)

【京都】タカラバイオは順天堂大学発ベンチャーのギャップジャンクション(東京都文京区)と遺伝性難聴に対する遺伝子治療薬の開発で業務提携基本契約を結んだ。遺伝性難聴の半数以上を占めるGJB...

経営ひと言/三井化学韓国・鳥居知記社長「面白いVB発掘」 (2024/6/18 素材・建設・環境・エネルギー2)

「面白いベンチャーを発掘して一緒に世界へ発信できるものを手がけたい」と意気込むのは、韓国で三井化学製品の販売を手がける三井化学韓国社長の鳥居知記さん。 4月に就任...

地元野菜を使うレストランは、畜産デジタル変革(DX)の同大発ベンチャー(VB)CowTech(カウテック、千葉県野田市)の6次産業化事業として運営する。...

東京工業大学と東工大発ベンチャーのつばめBHB(横浜市港北区、中村公治社長)は、アンモニア合成触媒のための研究拠点を設立した。研究者同士の共同研究から組織対組織の連携に移行する。大学発...

大規模大学では産学連携支援の組織が整っているが、中小規模大学は学外研究費獲得やベンチャー(VB)の活動が難しく、二極化している。... 研究型大規模大学は産学共同研究や特許、VBなど学...

宇宙VB講習活況! 増えるビジネス勉強会・大学講座 (2024/6/4 中小・ベンチャー・中小政策)

経営と開発の融合重要に 希望もリスクも大きい宇宙系ベンチャー企業(VB)について経営課題や解決策を学ぶ機運が高まってきた。... 1・2回目のテーマは、イーロン・マス...

【千葉県】千葉県は「革新的ベンチャー企業成長促進プログラム事業」の対象企業の募集を始めた。新たな技術やビジネスアイデアを有し、事業化に必要なマーケティング戦略や知財保護などに課題を抱える県内企業が対象...

現役学生の起業に弾み 近畿大学発のベンチャーが100社に到達した。2022年にベンチャー起業支援プログラム「キンキュバ」を始め、推進拠点のインキュベーション施設「キンキュバ・ベースキ...

産業界でデジタル変革(DX)の必要性が叫ばれる一方、中小企業を中心にDXの歩みは遅い。その大きな要因の一つがIT人材の不足だ。そうした中、女性のITスキルを向上させ転職を後押ししたり、...

関電、VB投資180億円に拡大 26年度まで (2024/4/29 素材・建設・環境・エネルギー)

関西電力は2026年度までの累計のベンチャー投資枠を最大180億円に拡大した。子会社のK4ベンチャーズ(大阪市北区)を通じ、新たに70億円の投資枠を設定。同投資枠の初案件で、エネルギー...

今年度上期分、26日から募集開始 【千葉】ひまわりベンチャー育成基金(米本努理事長=千葉銀行頭取)は、中小・ベンチャーを対象にした助成金・家賃補助金の募集を2...

レンゴーは3日、バイオベンチャーのBiomaterial in Tokyo(bits、福岡県大野城市)を子会社化したと発表した。同社の発行済み株式の60%を取得...

通信大手、生成AI拡充 (2024/3/19 総合3)

KDDI 東大発VB子会社化 4月1日をめどにKDDIが43・4%、KDDIデジタルダイバージェンスホールディングス(HD、東京...

深層断面/研究自動化、拡大の好機 (2024/3/19 深層断面)

システムインテグレーターの人手不足課題、VB参入促す 課題はシステム構築を担うシステムインテグレーターが足りていない点だ。

一方で進出を目指す中小企業やベンチャー(VB)にとっても試金石となりそうだ。... 一方、工業団地進出は中小やVBにとっては大きな岐路となる。... 「LED先進地域」として知られるよ...

海外で既に承認されている薬が日本で承認を得るまでに長い時間を要する「ドラッグ・ラグ」や、日本で開発すら着手できない「ドラッグ・ロス」の問題が深刻化している。日本の薬価算定制度や臨床試験の規定が海外の製...

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン