246件中、1ページ目 1〜20件を表示しています。 (検索にかかった時間:0.003秒)

経済産業省と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が主催する国際ロボット協議会「ワールド・ロボット・サミット(WRS)」。

AGV、止まらぬ進化 導入容易で用途広がる (2022/4/20 科学技術・大学)

ドリガルスキ氏は国際ロボット競技会「ワールド・ロボット・サミット(WRS)」の製品組み立て競技で腕を磨いてきた。... WRSの経験を社会実装したい」と力を込める。 ...

経営ひと言/慶応義塾大学・田中浩也教授「アイデア集まる」 (2022/4/14 機械・ロボット・航空機2)

「ワールド・ロボット・サミット(WRS)2020」の併催事業で、デンソーが協力したロボットアイデアコンテストの審査委員長を務めた慶応義塾大学教授の田中浩也さん。

同タスクは国際ロボット競技会「ワールド・ロボット・サミット(WRS)」で出題され、成功者はいなかった。

WRSアイデアコンテスト、山形大発VBと愛知工業大を表彰 (2022/3/15 機械・ロボット・航空機1)

経済産業省と新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が主催する「ワールド・ロボット・サミット(WRS)2020」の併催事業「ロボットアイデアコンテスト」の表彰式が...

地元企業の売り上げにロボットが大きく貢献している例はまだ少ないが、21年に開かれた「ワールド・ロボット・サミット(WRS)」のインフラ・災害対応部門災害対応標準性能評価種目では、地元企...

3.11メッセ―ジ/災害対応 未来へ一歩 (2022/3/11 【東日本大震災11年】未来への歩み)

2021年10月に開かれた国際ロボット競技会「ワールド・ロボット・サミット(WRS)」では、災害時に対応するさまざまな技術が披露された。... WRS福島大会 ...

■産業ロボ好調—WRSも活況 産業用ロボットの四半期受注額(会員ベース)が2020年10月期から21年6月期までの3四半期で過去最高を連続更新した。... ...

愛知県で9月に開かれた国際ロボット競技会「ワールド・ロボット・サミット(WRS)2020」のサービス部門・パートナーロボット競技で優勝した、九州工業大学と北九州市立大学の学生プロジェク...

検証2021/WRS開催 ロボ開発をエンタメ化 (2021/12/6 科学技術・大学)

東京五輪・パラリンピックと同様に延期されていた国際ロボット競技会「ワールド・ロボット・サミット(WRS)」の本大会を開催できた。... WRSは研究開発振興に加えて、社会実装の促進とい...

ワールドロボットサミット(WRS)福島大会にも参加した。

国際ロボットイベント「ワールド・ロボット・サミット(WRS)2020」では大学チームがロボットの信頼性を高める開発に挑戦した。... WRS実行委員長の佐藤知正東京大学名誉教授は「自動...

活躍の場 仕事で広げる 国際ロボットイベント「ワールド・ロボット・サミット(WRS)2020」福島大会では、ロボットの細く長い腕でいかに仕事をこなす...

「WRS福島大会 技術育む競技会」は休みました。

WRSではトンネル事故災害対応・復旧競技にシミュレーションが活用された。... WRSのトンネル事故災害を想定した競技で優勝したARAV(アラヴ、東京都文京区)の白久レイエス樹社長は「...

災害対応ロボ普及の課題に挑む 国際ロボットイベント「ワールド・ロボット・サミット(WRS)2020」は、未成熟市場と技術開発のパトロンを...

「WRSは大学と産業界を結びつける競技会になった。... WRS閉幕の帰路、NEDOの石塚博昭理事長は手応えを感じていた。... WRS福島大会の出場チームは大学チームが中心だった。

国際ロボットイベント「ワールド・ロボット・サミット(WRS)2020」福島大会での一コマだ。

ロボデックス(横浜市旭区)の水素燃料電池飛行ロボット(ドローン)が産業向けでの注目度が高まっている。リチウム(Li)イオン...

WRSアンバサダーのディーン・フジオカ氏「一歩先の未来への技術を実感」 福島から発信 意義深い ワールド・ロボット・サミット(WRS...

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン