[ ICT ]

【電子版】ゲイツ氏との関係、ハードウエア参入で悪化-MSのバルマー前CEO

(2016/11/5 08:30)

  • スティーブ・バルマー氏(ブルームバーグ)

(ブルームバーグ)米マイクロソフトの前最高経営責任者(CEO)スティーブ・ バルマー氏は、ハードウエア事業参入にかじを切った自身の決断がビル・ ゲイツ氏との関係が悪化した一因になったと振り返った。ゲイツ氏は同社創業者で長年の友人でもあったが、バルマー氏が唯一後悔しているのは、もっと早くやらなかったことだという。

14年間にわたりマイクロソフトCEOを務めたバルマー氏はブルームバーグテレビジョンとのインタビューで、もう一度全てをやり直せるとしたら、数年早くモバイル機器事業に参入しただろうと発言。最終的に参入を決めた当時、ゲイツ氏や取締役会の他のメンバーは異議を唱えたと明らかにした。

ゲイツ氏と「疎遠になった」のは、マイクロソフトが自らのハンドセットやタブレットを生産すべきかをめぐる不一致が一因だったと指摘。「われわれ2人のどちらにとっても、容易なことではまったくなかった。会社の戦略的な方向性について、意見にわずかな相違」があったと述べた。

さらに「ハードウエア事業の重要性について根本的な意見の相違があった」とし、「私はサーフェスを推した。取締役会はその支援にやや消極的だった。そのような時期に電話事業で何をすべきかが議論になり、状況が最高潮に達した」と語った。

マイクロソフトは2012年にタブレット「サーフェスRT」でハードウエア事業に参入。だが販売は振るわず、マイクロソフトは在庫評価損9億ドルの計上に迫られた。サーフェス事業は現在立て直されて黒字化し、直近の年度で40億ドル超の売り上げを生み出している。

バルマー氏はハンドセットやタブレットへの参入が遅すぎたことこそ誤りだったと指摘。「私ならもっと早くハードウエア事業に参入した。半導体、システム、ソフトウエアと分かれたパソコンで、われわれが持っているものはモバイルの世界でそれ自体が増えていくことはほとんどないと認識しただろうからだ」と続けた。

バルマー氏と言えば、アップルのスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」を、高過ぎて絶対に売れないと発言したことで知られる。この発言について、アップルが高い端末価格を「本質的に月々の通信費に組み込むというビジネスモデルのイノベーション」を果たしたとし、当時はこの手法を思いつかなかったと述懐した。

原題: Steve Ballmer Says Smartphones Strained His Relationship With Bill Gates(抜粋)

(2016/11/5 08:30)

ICTのニュース一覧

おすすめコンテンツ

中小工場のためのIoT構築入門
低コストで簡単にシステムをつくる

中小工場のためのIoT構築入門 低コストで簡単にシステムをつくる

わかる!使える!工業塗装入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!工業塗装入門 <基礎知識><段取り><実作業>

超ロボット化社会
ロボットだらけの未来を賢く生きる

超ロボット化社会 ロボットだらけの未来を賢く生きる

実用設計製図 
幾何公差の使い方・表し方
第2版

実用設計製図 幾何公差の使い方・表し方 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙ロケットの本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙ロケットの本 第3版

アグリカルチャー4.0の時代 
農村DX革命

アグリカルチャー4.0の時代 農村DX革命

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン