[ ロボット ]

【電子版】完璧なサラダを作るロボット、シリコンバレーに登場

(2017/4/8 23:00)

  • ロボットの「サリー」が作ったサラダ(チャウボティクスのサイトから)

(ブルームバーグ)米シリコンバレーでパーフェクトなサラダを作ることだけが得意なシェフが登場する。「サリー」という名の専用ロボットだ。

サリーを製造した米チャウボティクス(Chowbotics)は、成長が期待される食品サービス用ロボットの市場で存在感を示している新興企業だ。大きさは小型冷蔵庫並みとコンパクト。ロメインレタス、ケール、グリルドチキン、パルメザンチーズ、クルミ、ミニトマト、オリーブなど21の具材を組み合わせ、千種類余りのサラダを約60秒で作ってくれる。

サラダ作りの過程は外から見えるつくりだ。重量は350ポンド(約160キログラム)あるため現時点では業務用サイズだが、将来は軽量化に向かうと、サリーを考案したチャウボティクス創業者のディーパク・セカー氏(35)は話す。

セカー氏によれば、サリーには数多くの利点がある。人間より手早くサラダが作れるため、「次世代のサラダレストラン」になれそうだという点に加え、サラダのカロリーが正確にわかる。さらに、機械が作ったサラダの方が人の手に触れないため衛生的だ。

サリーはこの春、米カリフォルニア州サンタクララにあるファストカジュアル・レストラン「ママ・ミアズ」と、テキサス州にあるH-E-Bグローサリーの社員食堂でデビューする。より一般向けには、4月13日にサンフランシスコの共有オフィススペース「ガルバナイズ」で運用開始となる。

サリーのメーカー希望小売価格は3万ドル(約330万円)で、いずれは月約500ドルでリースする選択肢も提供する。7-9月(第3四半期)に予約注文分の出荷開始が予定されている。

原題: Meet Sally, the Robot Who Makes Perfect Salads(抜粋)

(2017/4/8 23:00)

ロボットのニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと使いこなす!「単位」のしくみと基礎知識

きちんと使いこなす!「単位」のしくみと基礎知識

おもしろサイエンス 
天然染料の科学

おもしろサイエンス 天然染料の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい磁力の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい磁力の本

技術士第二次試験「口頭試験」受験必修ガイド
第5版 <2019年度試験改正対応>

技術士第二次試験「口頭試験」受験必修ガイド 第5版 <2019年度試験改正対応>

おもしろサイエンス 
地形の科学

おもしろサイエンス 地形の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゲノム編集の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゲノム編集の本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン