[ 地域経済 ]

子どものプログラミング専用パソコン、栃木工高が開発 小学校必修化見据え

(2017/6/13 05:00)

  • 組み立てたSkyBerryJAM。市販品を改良し商品化

【宇都宮】栃木県立栃木工業高校(栃木県栃木市、湯澤修一校長、0282・22・4138)は、子どものプログラミング教育向けにプログラミング専用パソコン「SkyBerryJAM」を商品化した。ハンダ付けなどで組み立てた後、モニターにつなぎ、プログラムを打ち込むことでゲームなどが作れる。消費税込みの価格は2500円。初年度200個限定で販売する。

プログラミング専用パソコンは、VKS―tec(宇都宮市)に生産を委託し、藤井産業(同)などが販売する。藤井産業の大久保知宏取締役総務部長は「組み立てから実践まで身につけられる。(子どもたちに)プログラミングに興味を持ってもらうきっかけになる」と期待する。

栃木工高の情報技術科は、市販の「こどもパソコン」の操作性を高め、子どもが簡単に使えるように外部機器との接続やデータ保存機能の充実など改良に取り組んできた。2020年から小学校でコンピュータープログラミング教育が必修化されるのを見据え、栃木市内の小学校で出前講座などを開催しながら、プログラミング専用パソコンを商品化した。同校は商標登録を申請中。情報技術科の山野井清秀教諭は「高校のブランドイメージ向上につなげたい」としている。

(2017/6/13 05:00)

関連リンク

地域経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術大全シリーズ 
ドライプロセス表面処理大全

技術大全シリーズ ドライプロセス表面処理大全

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゲノム編集の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゲノム編集の本

おもしろサイエンス 
地形の科学

おもしろサイエンス 地形の科学

太陽光発電のスマート基幹電源化
IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

太陽光発電のスマート基幹電源化 IoT/AIによるスマートアグリゲーションがもたらす未来の電力システム

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

バルセロナのパン屋にできた リーン現場改革

SDGs経営
“社会課題解決”が企業を成長させる

SDGs経営 “社会課題解決”が企業を成長させる

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン