[ 地域経済 ]

子どものプログラミング専用パソコン、栃木工高が開発 小学校必修化見据え

(2017/6/13 05:00)

  • 組み立てたSkyBerryJAM。市販品を改良し商品化

【宇都宮】栃木県立栃木工業高校(栃木県栃木市、湯澤修一校長、0282・22・4138)は、子どものプログラミング教育向けにプログラミング専用パソコン「SkyBerryJAM」を商品化した。ハンダ付けなどで組み立てた後、モニターにつなぎ、プログラムを打ち込むことでゲームなどが作れる。消費税込みの価格は2500円。初年度200個限定で販売する。

プログラミング専用パソコンは、VKS―tec(宇都宮市)に生産を委託し、藤井産業(同)などが販売する。藤井産業の大久保知宏取締役総務部長は「組み立てから実践まで身につけられる。(子どもたちに)プログラミングに興味を持ってもらうきっかけになる」と期待する。

栃木工高の情報技術科は、市販の「こどもパソコン」の操作性を高め、子どもが簡単に使えるように外部機器との接続やデータ保存機能の充実など改良に取り組んできた。2020年から小学校でコンピュータープログラミング教育が必修化されるのを見据え、栃木市内の小学校で出前講座などを開催しながら、プログラミング専用パソコンを商品化した。同校は商標登録を申請中。情報技術科の山野井清秀教諭は「高校のブランドイメージ向上につなげたい」としている。

(2017/6/13 05:00)

関連リンク

地域経済のニュース一覧

おすすめコンテンツ

本気で取り組むFMEA
全員参加・全員議論のトラブル未然防止

本気で取り組むFMEA 全員参加・全員議論のトラブル未然防止

おもしろサイエンス 
岩石の科学

おもしろサイエンス 岩石の科学

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいプリント配線板の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいプリント配線板の本 第2版

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新”
品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

現場主義を貫いた富士ゼロックスの“経営革新” 品質管理、品質工学、信頼性工学、IEの実践論

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

本当に実務に役立つ プリント配線板の研磨技術

未来の科学者との対話16
第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話16 第16回神奈川大学 全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン