[ ICT ]

中小へ安価にIoT導入−IAF、安全なクラウド通信提供

(2017/6/22 05:00)

産業オートメーションフォーラム(IAF、新誠一会長=電気通信大学教授)は、一般的なルーターやファイアウオールを通して工場の稼働データをクラウドに蓄積できる仕組みを開発した。VPN(仮想私設網)を用いず安全にクラウドと通信でき、中小企業も安価にIoT(モノのインターネット)を導入できる。27日から体験会を開くと同時に、無料の試用版を提供開始する。有料版は2017年度後半から順次商用化する計画だ。

制御機器やセンサーのデータを、ウェブサービスを用いクラウドに送れる仕組みを実用化した。データ記述様式には軽量で扱いやすい「JSON(ジェイソン)」を採用。ファイアウオールに遮断されることなく安全にクラウドと連携できる。

VPNが不要なIoTプラットフォーム(基盤)「ia―クラウド」として展開する。機器がクラウドと連携するためのゲートウエー(中継器)を会員のデジタル(大阪市中央区)などが販売する計画。利用期間が1年以内の試用版はIAFが提供し、無制限の有料版は会員が事業化する方向で調整する。

試用版を投入する27日から2日間、体験型イベント「DIYで試すIoTハッカソン」を都内で開く予定。企業が実機を持ち込み、会員企業の指導を受けながらクラウドとの接続を試す場にする。

工場データをクラウドに送るIoTシステムにはVPNが用いられやすいが、コスト高で中小企業にはハードルが高い。ia―クラウドでは有料版でも月額数千円程度の料金設定を想定している。IAFはデジタル、オムロンなど約50会員で構成。製造科学技術センターが事務局を担う。

(2017/6/22 05:00)

ICTのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン