[ ICT ]

【電子版】アップル、顔認証の「iPhone X(テン)」発表-999ドルから

(2017/9/13 07:00)

  • アップルが発表したiPhone Xやアップルウオッチ、それに独自の充電マット(ブルームバーグ)

(ブルームバーグ)米アップルは12日、「iPhone(アイフォーン)」の新機種「X(テン)」を発表した。サムスン電子やグーグル、さらに多くの中国メーカーなど、スマートフォンを巡る競争は激化しており、アップルは新製品投入で対抗する。

ティム・クック最高経営責任者(CEO)は新本社で、ホームボタンのないほぼ全面スクリーンのXを発表した。今年はアイフォーンが発売されてから10周年を迎え、Xは2014年以来の大幅なデザイン改良となる。

Xの販売価格は999ドル(約11万円)から。容量は64ギガバイト(GB)と256GBがある。10月27日から先行注文を受け付け、11月3日に発売する。

Xは有機EL(OLED)ディスプレーを採用したほか、タッチIDの代わりにロック解除のために3D顔認識センサーを搭載した。

原題: Apple Unveils IPhone X With New Display as Rivals Grow (1)(抜粋) Apple’s IPhone X Has OLED Screen, Glass Back, Facial Recognition(抜粋)

ワイヤレス充電マットは18年までお預け

(ブルームバーグ)米アップルは「iPhone(アイフォーン)8」や「アイフォーンX(テン)」、「AirPods」、「アップルウオッチ」を含めた自社製品を充電できる独自の充電マット「AirPower」を発表した。同社によると、AirPowerはアイフォーンXの出荷時には間に合わず、2018年に投入される。

原題: IPhone X Adopters Must Wait Until 2018 For Wireless Chargers(抜粋)

(2017/9/13 07:00)

ICTのニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙線と素粒子の本

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第4版

技術士第二次試験「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第4版

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン