[ 環境・エネルギー ]

【電子版】仮想通貨マイニングの電力消費 世界の0.6%、年間140テラワット時に拡大

(2018/1/11 16:30)

  • モルガン・スタンレーのアナリストは、仮想通貨マイニングに必要な電力が18年には最大140TWhに達すると予想している(ブルームバーグ)

2025年のEV向け電力量超える

 仮想通貨創出に今年世界で必要になる電力は、アルゼンチンの総消費電力に匹敵する可能性がある。米国や中国などで再生可能エネルギーを手掛ける企業にとっては、成長の原動力になるかもしれない。

 モルガン・スタンレーのニコラス・アシュワース氏率いるアナリストチームは10日のリポートで、ビットコインなど仮想通貨マイニング(採掘)に必要な電力は今年、最大140テラワット時に達する公算があるとして、世界の総消費電力の0.6%に相当すると説明。2025年に電気自動車向けに見込まれる電力を上回る規模で、「仮想通貨の値上がりが続けば、マイニングのための消費電力も世界で増えるだろう」と予想した。

 同リポートは消費電力自体は世界の電力株けん引には小さ過ぎるとした上で、米ネクステラ・エナジーやスペインのイベルドローラ、イタリア電力公社(ENEL)など、風力や太陽光発電および蓄電に投資する企業にとっては重要な成長ストーリーだと指摘。再生エネルギーに投資する大規模石油会社や、新規仮想通貨公開(ICO)で調達した資金が支える再生エネルギー事業者も恩恵を受ける可能性があると付け加えた。(ブルームバーグ)

(2018/1/11 16:30)

環境・エネルギーのニュース一覧

おすすめコンテンツ

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」必須科目択一試験過去問題<解答と解説>

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」択一式問題150選

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

平成30年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>択一対策キーワード 

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト<技術体系と傾向対策>

“サイズ公差”と“幾何公差”を用いた機械図面の表し方

“サイズ公差”と“幾何公差”を用いた機械図面の表し方

電験三種 合格の数学 第3版
-これでわかった電験の数学-

電験三種 合格の数学 第3版 -これでわかった電験の数学-

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン