[ 科学技術・大学 ]

ウイルス整列フィルム、熱伝導性10倍 東工大が開発

(2018/4/4 05:00)

東京工業大学物質理工学院の澤田敏樹助教と芹澤武教授らは、ウイルスを規則正しく並べて熱伝導性フィルム(写真、東工大提供)を開発した。長さ1マイクロメートル(マイクロは100万分の1)、太さ5ナノメートル(ナノは10億分の1)のウイルスの向きをそろえると、ウイルスがランダムに積まれたフィルムに比べて熱伝導性が10倍向上する。金属放熱部品の隙間を埋める熱輸送シートなどへの応用を目指す。

M13ファージという円柱状ウイルスを材料に利用した。ウイルス溶液をガラス上に垂らして乾燥させると、ウイルスが円周方向に並んだ膜ができる。この熱拡散率は毎秒0・63平方ミリメートルと無機材料なみの熱伝導性だった。配向度は0・8で約8割のウイルスが規則的に並んでいると考えられる。規則正しい状態がミリメートルの大きさで維持されていることが熱伝導性を高めている。フィルムは軟らかく200度C程度までは耐えられるという。

(2018/4/4 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる