[ ICT ]

【電子版】アップル、曲面スクリーンとジェスチャー操作の「iPhone」を開発中

(2018/4/5 06:00)

  • 曲面スクリーンとジェスチャー操作の「iPhone」は、2-3年後には市場投入されるとみられている(ブルームバーグ)

 米アップルは将来の「iPhone(アイフォーン)」向けに、スクリーンに触れなくてもジェスチャーで操作できる機能や曲面スクリーンの開発に取り組んでいると、事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。飽和状態にあるスマートフォン市場で、他社製品との差別化に寄与する可能性がある。

 新しいジェスチャー操作機能では、アイフォーンのユーザーはスクリーンをタップしなくても指を近づけて動かすことで一部の操作が可能になる。ただアップルが開発を進めると決めた場合でも、製品に搭載されるまでには少なくとも2年かかる可能性が高いと、この取り組みに詳しい関係者1人は語った。

 これまでに投入されたアイフォーンでは「3Dタッチ」と呼ばれる機能が搭載され、指でスクリーンを押した際の圧力の違いで異なる操作が可能になっている。関係者によれば、新しいジェスチャー機能で利用される技術では、指とスクリーンとの距離が考慮されるという。

 このほかアップルは、上から下にかけて緩やかに内側にカーブするアイフォーン向けスクリーンを開発中だと、この取り組みに詳しい関係者のうちの1人が述べた。これは、サムスン電子が現在スマートフォンで採用している左右両端にカーブを持たせた曲面スクリーンとは異なるものになるという。関係者によれば、曲面スクリーンが搭載されたアイフォーンは早ければ2、3年後に誕生する可能性がある。(ブルームバーグ)

(2018/4/5 06:00)

ICTのニュース一覧

おすすめコンテンツ

実践!電子部品の信頼性評価・解析ガイドブック Part3
信頼性の要『故障メカニズム』を理解して問題解決

実践!電子部品の信頼性評価・解析ガイドブック Part3 信頼性の要『故障メカニズム』を理解して問題解決

シリーズITソリューション企業総覧 
スマート社会を実現するIoT/AI(人工知能)/ロボットがサクッとわかる本

シリーズITソリューション企業総覧 スマート社会を実現するIoT/AI(人工知能)/ロボットがサクッとわかる本

中国・四国地方を支えるモノづくり企業64社

中国・四国地方を支えるモノづくり企業64社

宇宙ビジネス第三の波 
NewSpaceを読み解く

宇宙ビジネス第三の波  NewSpaceを読み解く

イラストでよくわかる!大工道具入門
匠の技から学ぶ上手な使い方

イラストでよくわかる!大工道具入門 匠の技から学ぶ上手な使い方

わかりやすい高周波測定技術

わかりやすい高周波測定技術

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

海外ニュース

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン