[ 政治・経済 ]

【電子版】米朝、史上初の首脳会談 6月12日にシンガポールで

(2018/5/11 01:30)

  • ツイッターで史上初の米朝首脳会談を6月12日にシンガポールで開催すると発表したトランプ大統領(ワシントン=ブルームバーグ)

【ワシントン、ソウル時事】トランプ米大統領は10日、ツイッターを通じ、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長との史上初の米朝首脳会談を6月12日にシンガポールで開催すると発表した。韓国の文在寅大統領と正恩氏が4月27日に合意した「板門店宣言」で明記された朝鮮半島の「完全な非核化」の実現に向け、具体的な方法や期限などで米朝が合意できるかが最大の焦点だ。

 トランプ大統領は「われわれ双方とも(首脳会談が)世界平和にとって非常に特別な瞬間になるよう努める」と意義を強調した。

 朝鮮戦争(1950~53年)、冷戦時代を通じて約70年にわたり敵対関係にあり、核問題で対立してきた米朝両国の首脳による歴史的会談となる。板門店宣言には朝鮮戦争の終戦を年内に宣言することが盛り込まれており、米朝首脳が分断状態の続く朝鮮半島に平和をもたらす道筋を示すことができれば、日本を含む北東アジアの安全保障体制にとっても大きな転換点となり得る。

 トランプ氏は4月28日の安倍晋三首相との電話会談で「拉致問題を即座に解決するよう北朝鮮に促す」と約束しており、米朝会談でも拉致問題を提起する見通し。

 米側は「完全かつ検証可能、不可逆的な非核化」を短期間で実現することを要求。ボルトン大統領補佐官(国家安全保障担当)は、核放棄の後に制裁を全面的に解除した「リビア方式」の適用を主張する。北朝鮮が非核化に向けた具体的措置を取るまで「最大限の圧力」を維持する方針だ。

 一方、北朝鮮側は「段階的な措置」(正恩氏)による非核化を主張しており、制裁緩和や体制保証などの「見返り」を念頭に置いているとみられる。首脳同士の直接交渉で、非核化の解釈のずれを埋められるのか。「交渉の達人」を自任するトランプ氏の力量が問われる。

(2018/5/11 01:30)

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる