[ ICT ]

NTT東など、IoTで観光情報提供 千葉・佐原のインバウンド誘致促進

(2018/6/9 05:00)

 【千葉】NTT東日本千葉事業部などは8日、千葉県香取市佐原地区で外国人向けに観光情報などを提供するIoT(モノのインターネット)サービスを始めたと発表した。カード型デバイスにスマートフォンをかざすだけで、施設情報や観光情報を自動配信するシステムを佐原の宿泊施設や観光スポットに導入。外国人が快適に観光できる仕組みをIoTの活用で構築し、佐原への訪日外国人(インバウンド)の誘致促進に結びつける。

 この取り組みは、歴史的な町並みが残る佐原の観光を盛り上げるため、NTT東とニッポニアサワラ(香取市)、アクアビットスパイラルズ(東京都港区)の3社が企画した。スマホへの情報配信機能を備えたカード型デバイス「スマートプレート」はアクアビットが提供し、これをニッポニアサワラが運営する佐原の宿泊施設などに設置した。NTT東はWi―Fi環境の提供などを行う。

 同デバイスは設置場所に応じてさまざまな情報を提供する。例えば、宿泊施設の客室に設置された同デバイスにスマホを近づけると、館内情報や周辺地図などを閲覧できるウェブページを、各端末の設定言語に応じて表示する。佐原の神社や博物館、観光案内所などにも設置し、各施設の見どころなどの情報を外国語で提供する。

 外国人観光客の利便性が向上するほか、宿泊施設など受け入れ側の負担軽減にも結びつく。さらに、どの国の観光客が、いつ、どの施設を訪問したかといったデータを収集できるため、将来は佐原の観光のマーケティングへの応用も検討する。

 NTT東千葉事業部の大村健太郎コラボレーション推進部長は「今後の大きな需要増が期待できる千葉県内へのインバウンド観光の取り込みに貢献していきたい」と話している。

(2018/6/9 05:00)

ICTのニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!3Dプリンター入門
<基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!3Dプリンター入門 <基礎知識><段取り><業務活用>

わかる!使える!油圧入門
<基礎知識><段取り><回路設計>

わかる!使える!油圧入門 <基礎知識><段取り><回路設計>

PPP-PFI事業提案書の作り方 
プロが教える 発注者に評価されるテクニック

PPP-PFI事業提案書の作り方  プロが教える 発注者に評価されるテクニック

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいブロックチェーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいブロックチェーンの本

公共IoT
地域を創るIoT投資

公共IoT 地域を創るIoT投資

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいアルゴリズムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいアルゴリズムの本

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン