[ 商社・流通・サービス ]

【電子版】英ヒースロー空港、22年めど手荷物検査に3D CTセキュリティ 液体・パソコンそのままOK

(2019/6/11 05:00)

  • ヒースロー空港のターミナル2セキュリティゲート(14年4月、ロンドン=ブルームバーグ)

【ロンドン=時事】英ロンドン近郊のヒースロー空港が、2022年までに乗客の手荷物検査の効率化を検討していることが分かった。保安検査の際にパソコンや液体を手荷物から取り出す必要がなくなる見込みだ。6日付の英紙タイムズが報じた。

 報道によると、ヒースロー空港は手荷物の中身を3D(3次元)で分析する新装置を導入する方針。手荷物の中身がこれまでよりも正確に把握できるため、乗客がわざわざパソコンや液体を取り出す必要はなくなるという。

 現在は手荷物で持ち込む液体は100ミリリットルの容器に入れ替えた上で、透明な袋に入れて検査を受ける必要がある。こうした手間も今後は不要になる。

  • ヒースロー空港は機器を展開するために今後数年間で5000万ポンド(約68億円)以上を投じる。ヒースロー・エアポートHDのジョン・ホラン=ケイCEO(右)とBaroness Vere航空担当大臣(中央)(ヒースロー・エアポートHD提供)

 英国の調査によると、ヒースロー空港での乗客の保安検査の待ち時間は平均7分程度で、しばしば10分以上になる。3Dの新装置が導入されれば、こうした待ち時間は大幅に削減されそうだ。新装置は米国や欧州の一部では試験的に導入されているが、英国では初になるという。

 ヒースロー空港は保安検査や入国審査での長蛇の列で悪名が高く、多くの乗客のストレスとなってきた。今年5月からは日本や米国など一部の国からの旅行者でも、欧州域内からの旅行者と同様に入国カードの提出義務を廃止。入国時に自動化ゲートの利用も可能にするなど、見直しを進めている。

(2019/6/11 05:00)

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる