[ ICT ]

【電子版】米スラックがNYSEに上場、時価総額2.5兆円 ソフトバンクGが大株主

(2019/6/21 08:30)

  • スラックの創業者兼CEOのスチュワート・バターフィールド氏(6月20日、ニューヨーク証券取引所=ブルームバーグ)

【シリコンバレー=時事】職場用の対話ツールを展開する米スラック・テクノロジーズ(本社サンフランシスコ)は20日、ニューヨーク証券取引所に株式を上場した。米メディアによると終値に基づく時価総額は232億ドル(約2兆5000億円)となった。成長期待を背景に株価は大きく上昇し、好スタートを切った。

 スラックは、新規の資金調達を伴わない「直接上場」と呼ばれる手法を採用。終値は、取引所が示した参考価格(26ドル)を約48.5%上回る38.62ドルだった。日本のソフトバンクグループが7.3%の株式を握る大株主となっている。

 2019年2-4月期決算は、売上高が前期比66.6%増の1億3482万ドルと大幅増収だった半面、純損益が3333万ドルの赤字と前期(2488万ドルの赤字)から悪化した。有料会員数(4月末で9万5000)の拡大が収益化のカギを握る。

(2019/6/21 08:30)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる