OEMで培った技術で新製品を、アウトドアから普段使いまでできるバック【PR】

(2020/10/9 05:00)

バックブランド「CWF」

  • 半谷社長「自社製品が名刺代わりになっている」と話す

キャニオンワークスは1976年の創業からバックパックなどアウトドア向けの生地が厚く、縫製が難しい製品のOEM(相手先ブランド)を手掛けている。工場には三菱電機の電子パターン縫いミシンが6台など、多様なオーダーに応えられるように設備を揃える。半谷正彦社長は「福島県だけではなく、国内でもアウトドア向けの製品を縫える工場はそう多くない」と自信を口にする。

国内ブランド向けのOEMでは、発注時期が一時的に重なることが多い。そこで受注が減る時期の対策として取り組んだのが、自社バックブランド「CWF」の開発だ。これまでのアウトドア縫製の技術を活かし、丈夫な生地に堅牢な縫製を施し、長く使えるよう設計されているのが特徴。アウトドアから日常までの広い場面での利用をコンセプトにした同ブランドには、シンプルなデザインのトートバッグからクローゼットの代わりになる大型バックパックなど多様なラインナップを取り揃える。特に2万円台のバックパックは人気の商品だ。

  • 同社で人気の「CWF」のバックパック

自社製品の知名度が向上すると同時に、OEMの受注も伸びている。半谷社長は「自社製品が名刺代わりになり、取引先もどんな製品がつくれるのかイメージしやすくなっているのではないか」と話す。また、社員のモチベーションも向上したという。製造だけではなく、開発やデザインなども手掛けることができる点が働きがいにもつながっている。同社では「CWF」以外にも、釣り人や登山向けのアウトドアブランド「NEL-EPIC(ネルエピック)」、日常使いを想定した「MACOLE(マコール)」のように社員からのアイデアからブランドや商品も生まれた。今後はSNSを使った宣伝にも力を入れいく。

有限会社キャニオンワークス

連載#02

所在地 福島県いわき市好間工業団地1―1

社長 半谷正彦氏

設立 1976年

資本金 300万円

社員数 60人

URL https://canyon-works.com/

Powered by 「ふくしまみらいチャレンジプロジェクト」(経済産業省委託事業)

(2020/10/9 05:00)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建設機械の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建設機械の本

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる