最新の金属加工の技術と伝統工芸を融合【PR】

(2020/10/14 05:00)

地域資源でくしを製品化

  • くしは地元企業と連携し、開発された。写真は連携企業との会議の様子

マグネシウム、アルミニウム、ステンレス等の精密部品加工を手がけるサンブライト。2011年3月に発生した東京電力福島第一原子力発電所事故により、福島県大熊町の本社が帰還困難区域に指定されたことから、会津若松市の河東町工業団地に拠点を移して操業を続ける。

同社が得意とするのは光学レンズ部品やカメラ部品などの精密加工だが、渡邊忍社長は移転を機に「自社製品を開発する」という新たな目標を掲げた。みらいチャレンジプロジェクトの一環としてピザ店で使う道具の試作からスタート。試行錯誤の末、伝統工芸が盛んな地域特性を生かし、マグネシウムに漆を乗せたくしの製品開発にたどり着いた。

  • くしには素材だけではなく、形状のにも工夫を加えた

開発にあたっては、会津地域の企業と連携。マグネシウムを削りだした板に漆を乗せることで、軽さや滑りやすさ、耐久性の高さを追求。「最新のものづくりと伝統工芸の融合を目指した」(渡邊社長)。マグネシウム製のほか、3Dプリンターで成形したプラスチック製のくしも開発。いずれもくし先とくしの背に同一の曲線を加え、フィット感を出すなど機能性を高めた。全面塗装や一部塗装などデザイン検討を進め、最終的にはマグネシウム製とプラスチック製2種類、計三つのラインアップで販売にこぎ着けたい考えだ。

「一番大事なことは、会津の素材、会津の企業連携で製品を完成させること」(同)。ゆくゆくはネット販売などを通じ、海外に販路を求めることで「日本の伝統や技術を会津から発信しブランド力を高めていきたい」(同)とビジョンを膨らませる。

株式会社サンブライト

連載#05

所在地 福島県会津若松市河東町工業団地2-3

社長 渡邉忍氏

設立 1991年

資本金 3000万円

社員数 70人

URL http://sunbright-f.co.jp/

Powered by 「ふくしまみらいチャレンジプロジェクト」(経済産業省委託事業)

(2020/10/14 05:00)

おすすめコンテンツ

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

シッカリ学べる!3DAモデルを使った「機械製図」の指示・活用方法

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

技術士第一次試験「建設部門」受験必修キーワード700 第9版

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

モノづくり現場1年生の生産管理はじめてガイド

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン