インタビュー/日立グローバルライフソリューションズ常務取締役COO・竹中寛氏

(2023/10/12 12:00)

再生医療向けCPC 内外に展開

日立グローバルライフソリューションズ(日立GLS、東京都港区、大隅英貴社長)は再生医療向けのCPC(細胞培養加工施設)の設計・施工から保守点検、検証まで一貫して支援する。再生医療の実用化と海外展開を進めるための協業戦略を、竹中寛常務最高執行責任者(COO)に聞いた。

―施設と基盤構築の両面を支援します。

「当社は、ダクトを使わない『モジュール型CPC』を展開し、施工にかかる時間を従来比約30%短い約1カ月とすることで、顧客の負担軽減につなげる。また、再生医療事業を手がける由風BIOメディカル(沖縄県うるま市)と協業を始め、細胞採取から輸送、そして市販後の調査までを管理するプラットフォーム(基盤)を活用いただいている」

―海外市場にも打って出ます。

「バイオ3次元(3D)プリンターを開発するサイフューズと、再生医療向けの細胞シートを手がける台湾のメタテック、そして日立グループの台湾日立アジアパシフィック(THAP)と協業している。THAPとメタテックの合弁会社が施設を建設している。2025年をめどに当社のCPCを導入し、稼働する計画だ」

  • モジュール型細胞培養加工施設

―今後の展望は。

「輸送時間の短縮といった観点で、病院の近くに施設を構える『分散型』への需要が高まるだろう。当社のモジュール型CPCを全国に広げるためにも、多くの企業と基本合意書(MOU)を結びたい。さらに、再生医療市場が大きい北米や欧州などにも注力する。再生医療事業では5年後をめどに売上高100億円規模を目指したい」

(2023/10/12 12:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン