[ トピックス ]

【鳥取地震】企業動静(23日17時30分更新)

(2016/10/22 18:30)

鳥取県中部で21日に最大震度6弱を観測した地震で、企業などの動静は以下の通り。(23日17時30分現在)

ジャパンディスプレイ、24日に全面稼働へ

ジャパンディスプレイ鳥取工場(鳥取市)は車載用パネルを生産している。地震の影響で一部生産ラインを停止していたが、順次、復旧作業を進めている。24日には全面稼働の見通し。(23日17時30分)

倉吉市周辺で工場に被害

  • 地震によるがれきなどの撤去をする人たち(22日午前、鳥取県倉吉市、時事)

 【広島】今回の鳥取地震で被害は倉吉市を中心とする鳥取県中部に集中しており、大きな影響を受けた企業も倉吉近辺に多かった。

鍛造品メーカーの明治製作所(倉吉市)では工場に被害が出て修理を必要とする設備があるという。社員は全員無事だった。22、23の両日、社員総出で設備を直し、「24日月曜日からの本格稼働再開を目指している」(総務部)。

高圧ガス容器メーカーの神鋼機器工業(同)では、事務機器が倒れたり、工場設備がずれたり動いたりした。ただ「中心となる設備に致命的な被害は出ていない」(担当者)。月曜日以降、手探りで設備を動かしながら、設備不良の状況を探るとしている。

プレス金型とプレス部品メーカーの寺方工作所(鳥取県北栄町)でも被害が出た。工場の壁が落ちて窓が割れ、水道管が破裂し一部が水浸しになった。中心設備のプレス機が動いて、鋼板供給ラインにズレが出た。このためプレス機械メーカーを呼んで修理に当たらせる。「稼働停止をなんとか最小限にとどめたい」としている。

一方、鳥取市などの県東部、米子市などの県西部では生産活動に影響するような被害はほぼなかった。鳥取市のセンサーメーカー、日本セラミックや工作機械メーカーの大鳥機工(鳥取市)、米子鉄工団地の菊水フォージング(鳥取県米子市)などではいずれも被害は出ていない。(22日18時時点)

(以下は22日13時時点)

◆シャープ、液晶パネル工場で生産再開

シャープは21日、鳥取県米子市の液晶パネル工場の生産を一時停止し、工場設備などの点検を行った。生産設備に損傷がないことを確認し、22時頃に生産を再開。平常通りの稼働に戻った。従業員の被害はなかった。

◆オムロン子会社、操業停止し設備点検

オムロンは子会社のオムロンスイッチアンドデバイス(岡山市中区)の生産拠点である倉吉事業所(鳥取県倉吉市)が地震のため21日に操業を停止。建物や設備、約500人の従業員に被害の報告はない。現在は設備などの点検を行っており、確認が取れ次第、操業を再開する。

(以下は21日18時までの情報)

◆天然水工場、点検で操業停止

 サントリー食品インターナショナルは地震を受けて、天然水を生産するサントリープロダクツ奥大山ブナの森工場(鳥取県江府町)の操業を停止した。「停電や揺れによるものではなく、機械に異常がないか緊急点検するため」(同社)としている。これまでのところ特に破損などはなく、従業員の無事も確認。操業再開は「余震状況などをみて、慎重に決めたい」(同)考え。

◆コンビニ、百貨店営業継続

 ローソンの配送センターやベンダー工場への被害はない。16時現在で約20店舗が停電しているが、営業を続けている。ファミリーマートも一部店舗で停電や品物の落下はあったが、営業は継続しいている。セブン&アイ・ホールディングス(HD)も「営業に影響はない」としている。

 鳥取市内にある鳥取大丸も「エレベーターは一時停止したが、営業は続けた」(J・フロントリテイリング広報)という。

◆日立金属、被害なし

 日立金属は鳥取市と島根県安来市に製造拠点を構えているが、いずれも現時点で被害は出ていない。

◆FDK、夜間操業は取りやめ

 FDKの鳥取工場(鳥取県岩美町)は人的・物的被害がないが、21日の夜間操業は取りやめた。県内のサプライヤー数十社への影響は確認中。24日から通常通り稼働する予定。

◆クラレ、三菱レイヨン被害なし

 クラレはポバール樹脂などを製造する基幹工場の岡山事業所(岡山市南区)に設備や人的な被害は確認されていない。

 三菱レイヨンはメチルメタクリレート(MMA)や炭素繊維などを生産する大竹事業所(広島県大竹市)で被害は確認されていない。

◆コクヨ、全員無事確認

 コクヨは、鳥取工場(鳥取市)でファイルなどの文房具を製造している。地震発生直後、従業員は工場内からグラウンドに避難して全員無事。設備への影響は確認中。

◆リコー子会社、被害なし

 リコー子会社のリコーインダストリアルソリューションズ(横浜市港北区、中田克典社長、045・477・1700)の鳥取事業所(鳥取市)は、人的な被害や生産設備の被害の報告はなく、21日16時時点で通常通り稼働している。同事業所では、プリンターに搭載するプリント基板を生産している。

◆ジャパンディスプレイ、大きな影響なし

 ジャパンディスプレイの鳥取工場(鳥取市)は建屋や人員に大きな被害はなし。状況確認を続けている。一部の生産ラインが自動停止している可能性はあるが、現状では生産活動に大きな影響はないとみている。週末にかけて、より詳細な状況把握を進める。

◆アサヒグループ子会社被害なし

 岡山県内に子会社の乳酸菌飲料「カルピス」工場(総社市)と、フリーズドライ食品工場(里庄町)がある、アサヒグループホールディングスでは「特に被害は出ていない。従業員もケガ人などはいない。操業も通常通り行っている」としている。

(2016/10/22 18:30)

おすすめコンテンツ

原子力年鑑2022

原子力年鑑2022

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい乾燥技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい乾燥技術の本

調達・購買の教科書
第2版

調達・購買の教科書 第2版

図解!本気の製造業「DX推進のお金の流れと原価管理」

図解!本気の製造業「DX推進のお金の流れと原価管理」

眼科119番 第3版
一家に一冊・・・目の薬箱

眼科119番 第3版 一家に一冊・・・目の薬箱

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

これから伸びる首都圏のカイシャ2021秋

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる