[ トピックス ]

【鳥取地震】倉吉近辺の企業に影響−工場復旧作業、急ピッチ

(2016/10/24 05:00)

【広島】鳥取地震の被害は倉吉市を中心とする鳥取県中部に集中し、地元企業に大きな影響をもたらした。しばらくは同規模の余震が警戒される中、企業各社は一部停止していた生産ラインを順次動かすなど、復旧に向けた作業に尽力している。

鍛造品メーカーの明治製作所(鳥取県倉吉市)は社員は全員無事だったが、工場に被害が出て修理を必要とする設備があるという。社員総出で設備を直し、「24日、月曜日からの本格稼働再開を目指している」(総務部)。

高圧ガス容器メーカーの神鋼機器工業(同)では、事務機器が倒れたり、工場設備がずれたり動いたりした。

ただ「中心となる設備に致命的な被害は出ていない」(担当者)。月曜日以降、手探りで設備を動かしながら、設備不良の状況を探るとしている。

プレス金型とプレス部品メーカーの寺方工作所(鳥取県北栄町)でも被害が出た。工場の壁が落ちて窓が割れ、水道管が破裂し一部が水浸しになった。中心設備のプレス機が動いて、鋼板供給ラインにズレが出た。このためプレス機械メーカーを呼んで修理を急ぐ。

ジャパンディスプレイ鳥取工場(鳥取市)は車載用パネルの生産ラインを一部停止していたが、動かせる所から順次、復旧作業を進めている。24日には全面稼働を再開できる見通しだ。

(2016/10/24 05:00)

関連リンク

総合3のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる