[ 建設・住宅・生活 ]

小松精練の補強材、善光寺が採用−文化財への負担少なさ評価

(2017/1/23 05:00)

【金沢】小松精練の熱可塑性炭素繊維複合材料「カボコーマ・ストランドロッド(Cロッド)=写真」が、国の重要文化財である善光寺(長野市)「経蔵(きょうぞう)」の耐震補強工事に採用された。Cロッドは軽くしなやかで、木造文化財建造物への負荷が小さく、耐震補強できると判断された。

Cロッドは芯に炭素繊維を用いて、熱可塑性樹脂を含浸させたロープ状材料。今回は長さ8―10メートルの計8本を耐震ブレース(筋交い)として、経蔵の中心部で縦方向と横方向に結んだ。さびず、結露もしないため経年劣化しにくく、木材を腐食させにくい点も優れた特徴として採用につながった。

経蔵の耐震補強は、2017年夏に終了予定の保存修理事業の一環。Cロッドは軽量で施工性にも優れ工事期間の短縮などにつながるため、同社は今後も文化財建造物の耐震補強向けに売り込む。

(2017/1/23 05:00)

関連リンク

建設・エネルギー・生活のニュース一覧

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる