[ 機械 ]

ロボ・射出成形機を融合−大成プラス、CFRTPと金属接合の新工法開発

(2017/4/5 05:00)

  • 中央の立型の装置が射出成形機

大成プラス(東京都中央区、大隅光悟朗社長、03・3243・1851)は、炭素繊維強化熱可塑性樹脂(CFRTP)と金属を接合する工法を開発した。ガラス繊維複合熱可塑性樹脂(GFRTP)を金属とCFRTPの間に注入。GFRTPが金属に施した無数の微細な穴に入り込み、同時にCFRTPとは熱でそれぞれ一体になる。ロボットに搭載した小型の射出成形機で注入し、自動で連続接合できる。

大成プラスによるとCFRTPと金属の接合技術の開発は初めてという。航空機への採用を目指す。航空機のCFRTP製の床には、シートなどを固定する金属部品が取りつけられる。新工法では、ボルトで金属部品を取りつける際に生じるCFRTPの割れなどの課題を解消できる。金型を使わないために、一般的な射出成形機に比べ、長尺の部材に対応しやすい。初年度の目標は売上高3億円。

センチュリーイノヴェーション(東京都中央区)の射出成形機と不二越のロボットを使う。成形機は重量が約10キログラムの小型でロボットに搭載できる。金属部品の上部の穴からGFRTPを注入する。金属部品には金属と樹脂を一体化する同社独自のナノ・モールディング・テクノロジー(NMT)を施した。

5日から都内で開かれる接合技術の見本市で新工法を初披露する。大成プラスは東ソー、東レ、三井化学と国の「トップスタンダード制度(現在の新市場創造型標準化制度)」でISO規格の発行に成功した第1号案件になった実績がある。

(2017/4/5 05:00)

関連リンク

機械・航空機 1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

おもしろサイエンス 
腸内フローラの科学

おもしろサイエンス 腸内フローラの科学

カラー写真と実例でわかる 
カビの分離同定と抗カビ試験

カラー写真と実例でわかる カビの分離同定と抗カビ試験

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

わかる!使える!粉体入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!粉体入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」 新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる