[ トピックス ]

研究開発費、8年連続増加 首位は16年連続でトヨタ−本社R&Dアンケート

(2017/7/25 05:00)

日刊工業新聞社が実施した研究開発(R&D)アンケート(有効回答243社)によると、2017年度の計画を回答した177社の研究開発費合計は、16年度実績比5・3%増と8年連続の増加となった。10位以内の企業のうち、8社が前年よりも研究開発費を増額しており研究開発への企業の高い投資意欲がうかがえる。

研究開発費の企業別順位では、トヨタ自動車が同1・2%増の1兆500億円と16年連続の首位。「開発効率の向上に努めつつ、次世代高度運転技術や安全・環境技術の開発など将来に向けた先端・先行開発を充実する」(トヨタ)と強調する。

2位はホンダ、3位は日産自動車、6位はデンソーと自動車・部品メーカーが上位を占めた。「将来の成長に向けた研究開発への戦略的な投資の拡大」(日産)など、次世代技術への開発投資が目立つ。

4位はパナソニック、ソニーと電機勢が続く。8位のキヤノン...

(残り:8,967文字/本文:9,367文字)

(2017/7/25 05:00)

※このニュースの記事本文は、会員登録することでご覧いただけます。

Journagram→ Journagramとは

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

イチから正しく身につける 
カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

イチから正しく身につける カラー版 機械保全のための部品交換・調整作業

めっちゃ使える! 
設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」
形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

めっちゃ使える! 設計目線で見る 「部品加工の基礎知識」 形状、精度、コストのバランスが良い機械部品設計のために

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン