[ 科学技術・大学 ]

京大とパナソニック、iPS細胞培養を自動化する装置の受注開始

(2017/8/24 05:00)

  • iPS細胞の自動培養装置

京都大学再生医科学研究所の岩田博夫名誉教授とパナソニックは23日、共同開発したヒトiPS細胞(人工多能性幹細胞)の自動培養装置の受注を始めたと発表した。パソコンで培養条件を設定し、培地交換から増殖、新培地への移植までの作業を自動化。ヒトiPS細胞の培養技術習得に時間がかかることや培養液の交換などの負担といった課題を解消する。

開発した装置は熟練培養者の作業を動作解析し、ロボット技術で再現するもの。顕微鏡や画像保存機能などの観察機能も搭載し、実験を効率化する。培地を移して次代を育てる継代培養も画像による条件設定で自動に行う。フィルターによる排気でバイオハザード対策も実施。装置内は紫外線(UV)灯で殺菌し定期的な除染も行い、汚染を防止する。

価格は約5000万円。製薬会社や再生医療の研究機関、培地などの周辺産業に売り込む。当初は年5台、5年後に年15台の販売を目指す。

(2017/8/24 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

↓もっと見る

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる