[ 科学技術・大学 ]

「電着」でカラー塗装 名古屋工大、塗装一工程化へ技術開発

(2017/12/19 05:00)

【名古屋】名古屋工業大学の高須昭則教授らは工業製品の下塗り中心の電着塗装をカラー塗装まで適用できる技術を開発した。ポリエステル系のイオンを持たない高分子を電気泳動させて塗装する仕組みで防錆とカラーベースを兼ねられる可能性がある。下塗りから中塗り、上塗りまでのカラー塗装の1工程への集約化につながる。

電着塗装は分散液中に基板を浸し、電気力の働く空間を与えると電荷を帯びている粒子が泳動して基板に堆積する。ポリエステル系高分子を用いると塗膜の色が透明や白色で、塗膜は中性のため、カラーベースと防錆を兼用できる。環境負荷が低く、1工程でのスマートな塗装を実現できる。

無色透明の有機化合物であるジオキサンなど、炭化水素基が酸素原子で結合したエーテルを用いた場合は堆積せず、電流も流れない。規則的に粒子配列で虹色の構造色を発現できるのを確認した。

従来用いられているエポキシ系高分子は塗膜が黒色でカラ...

(残り:219文字/本文:619文字)

(2017/12/19 05:00)

Journagram→ Journagramとは

PR

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる