[ 政治・経済 ]

【電子版】日経平均、705円超安 午前終値2万1185円(更新)

(2018/2/9 12:00)

NYダウと日経平均株価の大幅下落を示す電光ボード(9日午前、時事)NYダウと日経平均株価の大幅下落を示す電光ボード(9日午前、時事)

 9日の東京株式市場は、前日の米国株急落を受けて運用リスクを回避する売りが強まり、日経平均株価は大幅反落している。午前の終値は前日比705円10銭(3.22%)安の2万1185円76銭。外国為替市場では安全資産とされる円が買われ、一時1円近く円高が進んだ。

 前日の米ダウ工業株30種平均は、今週2度目となる1000ドル超の大幅安。市場の不安は増しており、野村証券の田之上章シニア・インベストメント・ストラテジストは「(日経平均反落は)米株急落による取引参加者の心理悪化が大きな要因」と指摘した。

 円高で輸出関連株が売られたほか、3連休入りを控えて利益確定売りが出やすい「非常に悪いタイミング」(中堅証券)も重なった。東証1部全体の値動きを示す東証株価指数(TOPIX)は、50.17ポイント(2.84%)安の1715.52。

 円相場は一時、1ドル=108円台半ばまで上昇した。正午現在は108円83-83銭と69銭の円高・ドル安。市場関係者からは「今後も米株安が進むようだと、107円台へ突入する可能性がある」(為替ディーラー)との声が聞かれた。(時事)

(2018/2/9 12:00)

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる