コラム/コネクテッド・インダストリーズは中小企業が主役!-『工場管理』2018年4月臨時増刊号

(2018/5/22 09:30)

 経済産業省が2017 年春から提唱している第4次産業革命に向けた戦略「コネクテッド・インダストリーズ(CI)」。モノづくりやサービス産業などあらゆる領域でデータ利活用を促進し、新たな付加価値を生み出す試みだ。17年度補正予算から、データ利活用を促すCIの具体的な施策が動きだす。こうした諸施策の主要なユーザーと目されているのが、全国各地で活躍するモノづくりの中小企業だ。

 「第4次産業革命の恩恵は、製造業のほか農業、サービス業、建設業などを支える中小企業が被るべきだ」──。CI「大臣懇談会」メンバーで経産省の各種施策に影響力を持つ冨山和彦経営共創基盤社長は、CI の主役に中小企業を推す。第4次産業革命がもたらす破壊的変化により、「企業は雇用の規模ではなく、1 人当たりの生産性を誇る時代になる」からだ。

 事実、経産省が17 年度補正予算や18 年度予算案などで打ち出したCI関連の施策では、中小企業向けの取組みがめじろ押しだ。代表例が補正予算額1,000 億円を計上したものづくり・商業・サービス経営力向上支援事業(ものづくり補助金)。今回から企業間でデータを共有し付加価値を生むプロジェクトを補助対象に追加。複数の中小企業で構成する共同体などを積極的に支援する方針だ。

 このほか、18年度創設予定の「CI税制」も中小企業による利用が期待される。事業者の革新的なデータ利活用計画を主務大臣が認定し、センサやロボットなどIoT(モノのインターネット)関連の設備投資を伴う場合は、減税措置を講じる仕組み。中小企業をはじめとする産業界の生産性を底上げし、国内経済の成長力を高めることが狙いだ。

 補正予算や税以外では、国が全国各地の支援機関と連動する「スマートものづくり応援隊」事業も重点施策の1つだ。各支援機関にIoTやロボットの導入に関する相談窓口を設け、地域企業の次世代化を後押ししている。現在、連携機関数は約20件。17年6月に閣議決定された「未来投資戦略2017」では2年以内に40件に増やす目標が掲げられており、支援の輪のさらなる拡大が期待される。

(日刊工業新聞 編集局経済部 藤崎 竜介)

(2018/5/22 09:30)

関連リンク

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる