[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】独ダイムラー、大型けん引EVトラック 21年にも生産開始

(2018/6/11 06:00)

  • フレイトライナーのEVトラック「eカスカディア」(左)と「eM2」(右)(ダイムラー提供)

【ポートランド(米オレゴン州)、フランクフルト・ロイターES時事】ドイツ自動車大手ダイムラーは6日、完全電動の大型けん引トラックを2021年にも生産すると発表した。電気自動車(EV)版トラック市場で、独フォルクスワーゲン(VW)や米テスラに対抗する。

 トラック使用者らは、大気汚染を抑制する世界的な規制を予想しており、EVトラックの導入による燃料や維持管理コストの低減で利益を受けられるとみている。ただ、商用車のEVへの切り替えは、コストや充電インフラ、走行距離、電池の重さなどを踏まえれば、実現にはまだほど遠いとされる。

 ダイムラー傘下の米商用車大手フレイトライナーのEVトラック「eカスカディア」は18輪で、走行距離が250マイル(400キロ)。地域の配送や港湾業務での使用を想定している。テスラは2020年までに生産を見込むEVトラック「セミ」で、500マイルの長距離走行実現を目指す。

 ダイムラーは6日、中型トラックのフレイトライナー「eM2 106」を公表した。走行距離は230マイルで、飲料配達など地域の配送を想定している。一部アナリストらは、地域配送分野がEVトラックの「最適市場」とみなしている。

 米商用車大手ナビスターと、ナビスターに出資するVWは19年末までに、北米市場で中型EVトラックを市場投入する計画を明らかにしている。

(2018/6/11 06:00)

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車用パワーユニットの必須知識

きちんと知りたい! 電気自動車用パワーユニットの必須知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地球学の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電気自動車の本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電気自動車の本 第3版

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド
(3・2・1級対応)

機械製図CAD作業技能検定試験 実技試験ステップアップガイド (3・2・1級対応)

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる