[ 科学技術・大学 ]

【電子版】3万年前の航海再現へ 来夏に丸木舟で台湾―与那国島 国立科学博物館

(2018/9/13 18:30)

  • 日本人の祖先による3万年前の航海の再現を目指すプロジェクトで、丸木舟を石斧(せきふ)で作る大工の雨宮国広さん(7月31日、国立科学博物館=時事)

 国立科学博物館などが日本人の祖先による3万年前の航海の再現を目指すプロジェクトで、製作中の丸木舟を使い、来年夏に台湾から沖縄・与那国島までかいでこぐ航海が実現へ大きく進んだ。一般からの募金が目標の3000万円を達成した。

 募金は研究費で賄えない安全対策の用船、撮影記録費などを工面するためで、14日まで続ける。代表で同博物館の海部陽介さんは「本番の実験航海で、祖先たちがどうやって大航海を成功させたかという大きな謎に迫りたい」と話している。

 沖縄には人類が3万年前までに大陸と地続きだった台湾から渡り定住したが、遺跡に当時の舟が残らず、どんな舟で航海したか分かっていない。

 プロジェクトは2016年以降、浮きやすい草を太く束ねた舟や竹のいかだを作り、かいでこぐ実験航海を行った。その結果、これらの舟は安定しているが遅く、台湾と与那国島の間を流れる黒潮を越えるのは難しいと分かった。

 今回は石器に木の柄を付けたおので杉の大木を切り倒し、中をくりぬいて丸木舟を製作。転覆しやすいが速いと期待される。

 帆を使わないのは、旧石器時代より後の縄文時代でさえ帆を使った証拠がないため。プロジェクトが縄文人の上腕骨を分析したところ、沿岸部の集団の上腕骨は内陸集団より太かった。舟をこいで漁や海上輸送を行ったため太くなったと考えられる。(時事)

 募金のホームページは 国立科学博物館「3万年前の航海 徹底再現プロジェクト」

(2018/9/13 18:30)

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる