[ 政治・経済 ]

【電子版】NY株急落、767ドル安 今年最大の下げ 貿易戦争激化を懸念

(2019/8/6 07:30)

  • ニューヨーク証券取引所のトレーダー(5日、EPA時事)

【ニューヨーク=時事】週明け5日のニューヨーク株式相場は、米中「貿易戦争」の激化を懸念した売りが膨らみ、大幅続落した。優良株で構成するダウ工業株30種平均の終値は前週末比767.27ドル(2.9%)安の2万5717.74ドルと、1日の下げ幅としては今年最大となった。ハイテク株中心のナスダック総合指数は278.03ポイント(3.5%)安の7726.04で引けた。

 5日の上海外国為替市場の人民元相場は1ドル=7元台まで下落し、11年3カ月ぶりの安値を付けた。米中貿易摩擦が激しくなる中、中国には元安容認で低調な輸出を下支えするとともに、米国の圧力に対抗していく姿勢を示す狙いがあるとみられる。これに対し、トランプ米大統領は「為替操作だ」と批判。市場では両国の対立激化への不安が強まる中、アップルなどハイテク株を中心に幅広い銘柄が売られ、ダウは一時961ドル安まで下げた。

 また、中国商務省は、中国企業が米農産品の購入を一時停止したと発表。中国側が強硬な態度を示したことで相場の地合いは一段と悪化した。

 市場では「株式が売られる一方、安全資産とされる債券が買われるなど一気にリスク回避が進んだ」(日系証券)との声が聞かれた。

(2019/8/6 07:30)

おすすめコンテンツ

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる