[ ICT ]

【電子版】アップル、映像配信サービス「アップル TV+」 11月までに開始へ

(2019/8/20 12:00)

  • 「Apple TV 4K」(第5世代)とリモコン(17年9月、カリフォルニア州サンフランシス=ブルームバーグ)

 米アップルは11月までに、映画やテレビのサブスクリプション(定額制)サービス「アップル TV+」を開始する計画だ。2020年までにサービス収入500億ドル(約5兆3300億円)を達成する取り組みの一環。

 事情に詳しい複数の関係者によると、同社は少数の選択した番組を投入し、その後数カ月でより頻繁に番組カタログを拡大する。アップルはライブラリーを構築するのに伴い、無料体験版を提供する可能性は高いと関係者は匿名を条件に話した。

 アップルはネットフリックスやアマゾン・ドット・コムが先行するストリーミング配信に参入する。この分野は今後数カ月のうちにウォルト・ディズニーとAT&T、コムキャスト傘下のNBCユニバーサルも新サービスを提供する予定で、競争がますます激しくなりそうだ。

 アップルTV+は、同社の主要なデジタル・サブスクリプション・サービス5種類の1つとなる見通し。同社はアップルTV+の料金を発表していないが、関係者によると、「アップル・ミュージック」や「アップル・ニュース+」と同水準の月額9.99ドルを検討しているという。

 ネットフリックスとアマゾン・プライムの料金は最低8.99ドルで、「ディズニー+」は11月のサービス開始時に6.99ドルとする方針だ。アップル広報担当者はコメントを避けた。(ブルームバーグ)

(2019/8/20 12:00)

おすすめコンテンツ

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本
会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

図解!製造業の管理会計「最重要KPI」がわかる本 会社を本当に良くして事業復活するための徹底解説

SDGsアクション
<ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

SDGsアクション <ターゲット実践>インプットからアウトプットまで

日本製造業の後退は天下の一大事
モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

日本製造業の後退は天下の一大事 モノづくりこそニッポンの砦 第3弾

技術大全シリーズ 
塗料大全

技術大全シリーズ 塗料大全

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる