産業人クラブ、新潟で初の全国大会 時代乗り越えるヒントに

(2019/10/18 05:00)

  • 産業人クラブ全国大会。(大懇親パーティーで)あいさつする花角新潟県知事

「産業人クラブ全国大会in新潟」(日本産業人クラブ連合会主催)が17日、朱鷺メッセ(新潟市中央区)で開幕した。参加者からは「交流をすることで、産業界にも好影響が広がる」「全国大会が時代を乗り越えるヒントになればいい」と期待する声も聞かれた。全国大会は初。大懇親パーティーでは、参加者同士が積極的に交流した。(総合1参照)

基調講演を井水治博日本産業人クラブ連合会会長(日刊工業新聞社社長)、特別講演をナミックス(新潟市)の小田嶋寿信社長が行ったほか、テーマごとの分科会も開いた。「産業人クラブの活用事例」がテーマの会では、根岸孝雄茨城産業人クラブ副会長(大塚製作所会長)が「会員が業種に関係なく交流しており、悩みも話せ、先達の経験も聞ける会になっているため、クラブが活発に活動している」と事例を発表。参加者は興味深く聞いていた。

美馬徹大阪産業人クラブ副会長(関西金属工業社長)は「全国の産業人が一堂に会し、交流と情報の共有を図ることは、各企業の経営に役立つばかりでなく、これからの産業界にとっても大きな意義をもつ」と強調した。

森誠名古屋産業人クラブ会長(富士精工会長)は「同業者の交流にはコンプライアンスという“たが”があるが、産業人クラブ全国大会は異業種交流。“たが”が外れて何が出るのか期待したい」と大会からイノベーションなどが生まれることに胸を膨らませた。

田村興造中国四国産業人クラブ会長(広島ガス会長)は「参加した会員がつながって、不透明な時代を乗り越えるヒントを得るきっかけになればと思う」と期待を示した。

パーティーでは新潟産業人クラブ名誉会長の花角英世新潟県知事があいさつ。大会開催を祝いつつ「多業種の会員が交流して化学反応が起き、自社事業にプラスとなり、人生の宝も得られる産業人クラブはある意味うらやましい」とたたえた。その後は参加者同士が談笑して、にぎやかな雰囲気に包まれた。

(2019/10/18 05:00)

総合3のニュース一覧

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる