クローラロボット教材部品も手掛けるケーブルハーネスメーカー【PR】

(2020/3/22 05:00)

コア技術は半導体用マザーボードや配電盤のケーブル制作、装置組み立て

  • 南相馬ロボット産業協議会の活動にも意欲的に関わる鈴木社長

 「ロボットはどういうものか、日々手探りで勉強している」と話すのは、南相馬市にある栄製作所の鈴木力社長。同社は、NEC宮城(現:セレスティカジャパン)向けのケーブルハーネスメーカーとして1974年に設立。半導体用マザーボードや配電盤のケーブル制作、装置組み立てなどをコア技術とする。

 東日本大震災発生時は、天井が破損した程度で、翌日には出社できる状況だったが、福島第一原子力発電所から25キロメートル圏内にあったため、事故により避難を余儀なくされた。それでも、鈴木社長は「顧客に製品を納める責任がある」と3月23日には操業を再開。「取引先や同業他社からの支援がなかったら到底維持できるものではなかった」(鈴木社長)と当時を振り返る。

  • 同社が初めて携わったクローラロボット

 震災後の2013年、福島県で毎年開催される医療機器関連産業展示会「メディカルクリエーションふくしま」での出会いをきっかけに、会津若松市でサービスロボットの研究開発を行うアイザックとクローラロボットの開発に着手。同社の技術を搭載したクローラロボットは、教材用としてテクノアカデミー浜など県内の教育機関で活用されている。

 今年8月に福島ロボットテストフィールドで開催されるワールドロボットサミットの競技会出場も視野に入れる。南相馬ロボット産業協議会で鈴木社長が代表を務めるロボット開発研究会は先ごろ、出場に向け会員企業連合と開発を進めてきた「MISORA」を披露した。「ロボットに携わっていきたい」と語る鈴木社長の意欲は、地域に芽吹きつつある新たな産業を力強くリードする。

株式会社栄製作所

連載#19

所在地 福島県南相馬市原町区石神字中居122

社長 鈴木力氏

設立 1974年(昭49)

資本金 1000万円

社員数 66人

URL https://bso6431.bsj.jp/

Powered by 「ふくしまみらいチャレンジプロジェクト」(経済産業省委託事業)

(2020/3/22 05:00)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる