機械技術4月号/精密研磨の最新技術動向

(2020/3/24 05:00)

日刊工業新聞社が25日発売する機械技術4月号は「高付加価値を生む精密研磨の最新技術動向」を特集する。高い精度を実現する精密研磨技術の動向と製品付加価値を高める技術を紹介。一歩先の研磨を提案する。

解説では微粒子と加工物表面間の化学反応を利用した超精密加工法であるEEM加工をはじめ、単結晶Siレンズの非球面レンズ創成研磨、固定砥粒(とりゅう)研磨の最新動向を取り上げる。事例では光学レンズなどの研磨に取り組む企業を紹介し、加工の勘所なども紹介する。また、機能解説では研磨装置や関連資材メーカーによる最新の製品情報を掲載する。

研磨加工は精密加工技術の最終工程として不可欠な技術。半導体ウエハーや発光ダイオード(LED)、太陽電池、光学レンズ、水晶デバイス、磁気・記録デバイスなどの先端製品で使われる、たいていの部品に超精密研磨技術が採用されている。薄肉化する基板に対してもさらなる平坦(へいたん)性や厚みの均一性、均質性、寸法精度、形状安定性などが厳しく要求され、低コスト化と合わせて重要性が高まっている。

(2020/3/24 05:00)

機械・ロボット・航空機2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版
<技術体系と傾向対策>

技術士第二次試験「総合技術監理部門」標準テキスト 第2版 <技術体系と傾向対策>

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいウェアラブルの本
キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいウェアラブルの本 キーテクノロジーと活用分野がわかる!

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい量子コンピュータの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい量子コンピュータの本

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開
24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

3DAモデル(3次元CADデータ)の使い方とDTPDへの展開 24の3DAおよびDTPDの設計開発プロセス(ユースケース)を体系化

プレス加工のトラブル対策 第4版

プレス加工のトラブル対策 第4版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい包装の本 第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい包装の本 第2版

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる