新型コロナ/Pst、抗菌シールド開発 日産能力2000組

(2020/6/10 05:00)

  • Pstが開発した抗菌フェースシールド

【川崎】神奈川県の製造業者など5者で設立したPst(ピーエスティー、川崎市高津区、藤森純一代表社員)は、新型コロナウイルスの感染防止のため抗菌フェースシールドを開発し、供給を始めた。頭部に固定するフレームにより、めがねをかけた状態で装着できる。フレームとシールドで1セットで、日産能力は2000セット。

病院や学校、工場などから引き合いがあり、小田原市内の病院へ300セットを納品した。基本は100セット単位からで、消費税抜きの価格は1セット1300円。シールドのみは200枚単位からで1枚同300円。まずは全国で5000セットの販売を目指す。関東精密(横浜市都筑区)が販売する。

顔面上部と接するポリカーボネート製のシールドフレームは複数の穴を設け、曇りにくくした。フレームの末端に市販のゴムをかけ、装着位置や大きさを調整する。ポリエチレンテレフタレート(PET)樹脂製のシールドは指紋の付着を抑える処理を施した。顔面を覆う透明シールドに銀の抗菌コーティングを施し、ブドウ球菌や大腸菌などに抗菌効果を発揮する。

Pstは青山プラスチック塗装(川崎市高津区)の声かけのもと、ダイヤ工芸(同)、拓斗化成(横浜市港北区)、生垣製作所(東京都品川区)、横浜総合行政書士事務所(横浜市西区)の藤森純一氏と設立した合同会社。各者の強みを出し合い、高度人材の育成や製品の受託製造などを通して、製造業を中心とした企業の課題解決に取り組む。

(2020/6/10 05:00)

東日本のニュース一覧

おすすめコンテンツ

おもしろサイエンス 
腸内フローラの科学

おもしろサイエンス 腸内フローラの科学

カラー写真と実例でわかる 
カビの分離同定と抗カビ試験

カラー写真と実例でわかる カビの分離同定と抗カビ試験

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

すぐわかる2D作図 BricsCAD入門

わかる!使える!粉体入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!粉体入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!レーザ加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」
新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

図解!生産現場をカイゼンする「管理会計」 新しい会計を生産技術者が知るための<なぜなぜ88>

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる