安価で簡単設置な見守りシステム、高齢者の孤独死を減らせ【PR】

(2020/10/9 05:00)

高齢者を見守る

  • 松本社長は「村民の安全と雇用を守りたい」と語る

葛尾電子工業は東日本大震災発生まで、葛尾村で電子部品の製造やシステム開発を手掛けてきた。震災後、全村避難を余儀なくされ、現在は隣接する田村市で操業を続けている。

震災直後は同社のOEM(相手先ブランド)生産は風評被害を受け、受注が激減。松本貞幸社長は「受注に左右されない自社製品が必要」と考え、高齢者世帯の安否確認ができる在宅見守りシステム「見守りライン」を開発した。松本社長が強く意識するのが高齢者の孤独死問題だ。葛尾村は震災前1400人いた人口が、現在330人まで減少したという。また、働き口を求め人口流出が続き、村の高齢者比率は高まっている。同村の商工会会長も務める松本社長は「操業を通じて、村の雇用と高齢者を守っていきたい」と話す。

同社の「見守りライン」は利用者が緊急時にコールセンターへ自動的に通知する仕組み。人感センサーによる見守りで、一定時間センサーが反応しない場合にもコールセンターへ通知する。

  • 使用するボタンを2つにするなど、高齢者が使いやすいデザインを追求した

さらに、人感センサーを別途、複数追加することで家中どこでも利用者の緊急事態を感知できるようになる。

オプションをつけることで、携帯電話への通知も可能になる。同製品は高齢者の利用を想定し、特別な工事は不要。電話線へ接続するだけで使用でき、非常時に3日~4日間使用できるバッテリーを内蔵している。価格はあくまで利用者の見守りのみに特化することで製品1台当たり、3万6千円からに抑えた。年内には葛尾村の高齢者世帯へ30台ほどを設置し、実証を図る見通しだ。今後は住宅管理会社などを中心に売り込む考えだ。

株式会社葛尾電子工業

連載#01

所在地 福島県田村市船引町大字上移字後田20

社長 松本貞幸氏

設立 1983年

資本金 300万円

社員数 11人

URL http://www.kdkinc.co.jp

Powered by 「ふくしまみらいチャレンジプロジェクト」(経済産業省委託事業)

(2020/10/9 05:00)

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

↓もっと見る

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる