ネーミング大賞・喜びの声/長く愛されるブランドを

(2024/3/6 05:00)

  • 歓談する受賞者ら

5日に開いた「第34回読者が選ぶネーミング大賞」(日刊工業新聞社主催)の表彰式とその後開いた祝賀会では、「大変誇らしい」「選んでくれた読者に感謝したい」といった、受賞企業からの喜びの声が聞こえた。ネーミングの重要性や名付けの難しさを知る者同士の各社は、ネーミングに込める思いなどの話に花を咲かせていた。(総合1参照)

大賞を受賞したサントリーの塚原大輔執行役員は「酒場で愛されるタコハイという名前が親しみを与えられた。あえて由来や味は表に出さず、皆さまに関心を持ってもらえたことも浸透に役立っている。今後も長く愛されるブランドを育成したい」とネーミングの狙いなどを述べた。

祝賀会であいさつしたキャニコム(福岡県うきは市)の包行均会長(ビジネス部門1位)は「カナダの街ジャスパーは印象に残りどうしても名前に入れたかった。その名前が認められ嬉しい。次回もこの場に立ちたい」と誓いを述べ、同じく10回以上受賞歴があるアイ・ティー・ケー(岐阜県羽島市)の岩田勝美会長を壇上に招き会場を沸かせた。

乾杯で音頭を取ったゼブラホールディングスの畦地教子取締役は「生活部門の1位となったのは光栄。ピタンは筆記具としては珍しく、書き味ではなくくっつけて運べる点を訴求した。受賞できて開発上の励みになる。これからも楽しく分かりやすいネーミングを意識したい」と力強く語った。

スタイリッシュネーミング賞のキリンビールの高橋祐介マーケティング部RTD戦略担当は「上々というユーザーの気分をネーミングに付けた。新たな試みが認められ嬉しい」とし、喜びを示した。

ネーミング大賞は営業面でも役立つようで、協和ホールディングス(東京都渋谷区)の河合慧マネージャーは「提案する際のきっかけにネーミングを活用したい」としたほか、アイ・ティー・ケーの岩田会長も「絶縁同芯は市場が小さいが良い製品。ネーミングを活用し提案したい」と話した。

(2024/3/6 05:00)

総合3のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい空気圧の本

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第9版

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

誰も教えてくれない製造業DX成功の秘訣

電験三種 合格への厳選100問 第3版

電験三種 合格への厳選100問 第3版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ 研削加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件の記事を保存することができます。

ログイン