注目の出展企業

NOK株式会社/日本メクトロン株式会社

Sponsored
NOK株式会社/日本メクトロン株式会社

NOK株式会社日本メクトロン株式会社

【所在地】 NOK株式会社 本社
〒108-0073
東京都港区三田3丁目13番12号 三田MTビル
【電話】 お問い合わせ先(広報部)
03-6891-0191
【主な事業】 シール製品・工業用機能部品・油空圧機器・プラント機器・原子力機器・合成化学製品・エレクトロニクス製品・その他の製造・仕入・輸入・販売ならびに機械器具設置工事等上記に付帯する業務

ロボットを支える小さな部品
~未来も動かす「中の人」~

 NOKは自動車や建設機械など、さまざまな分野で培ってきた高度な合成ゴム加工技術を生かし、ロボットに最適な技術・製品を紹介します。写真左の「歯面低μ布張りベルト」は、特殊低μ布をベルトの歯面に一体成形することで、低摺動化を実現。摺動抵抗の低減により多軸ロボットのアーム部や半導体搬送など、幅広いニーズにお応えできる製品です。

 また、NOKの子会社である日本メクトロンは、ハーネスの代替手段の1つとしてフレキシブル基板(FPC)を提案するほか、国際ロボット展初出展になる「ヒーターFPC」をご紹介。さまざまな触覚の遠隔伝送技術を指先に搭載した「3原触モジュール」などを展示します。

NOK株式会社/日本メクトロン株式会社

ロボットを支える小さな部品
~未来も動かす「中の人」~

 NOKは自動車や建設機械など、さまざまな分野で培ってきた高度な合成ゴム加工技術を生かし、ロボットに最適な技術・製品を紹介します。写真左の「歯面低μ布張りベルト」は、特殊低μ布をベルトの歯面に一体成形することで、低摺動化を実現。摺動抵抗の低減により多軸ロボットのアーム部や半導体搬送など、幅広いニーズにお応えできる製品です。

 また、NOKの子会社である日本メクトロンは、ハーネスの代替手段の1つとしてフレキシブル基板(FPC)を提案するほか、国際ロボット展初出展になる「ヒーターFPC」をご紹介。さまざまな触覚の遠隔伝送技術を指先に搭載した「3原触モジュール」などを展示します。

NOK株式会社日本メクトロン株式会社

【所在地】 NOK株式会社 本社
〒108-0073
東京都港区三田3丁目13番12号 三田MTビル
【電話】 お問い合わせ先(広報部)
03-6891-0191
【主な事業】 シール製品・工業用機能部品・油空圧機器・プラント機器・原子力機器・合成化学製品・エレクトロニクス製品・その他の製造・仕入・輸入・販売ならびに機械器具設置工事等上記に付帯する業務

 

トピックス      


  • トピック

    世界最大級のロボット見本市「2019国際ロボット展」(日本ロボット工業会、日刊工業新聞社主催)が21日閉幕した。会期4日間の入場者は14万1133人と、17年開催の前回を1万653人上回った... <続きを読む>

  • トピック

    50数年前に誕生した産業用ロボット。現在は1本の腕のような形をしたロボットが最も多く使われている。2008年には、人の安全を守るため柵で囲わずに導入できる協働ロボットが誕生。人とロボットが一... <続きを読む>

  • 主催者公式新聞

    介護や清掃、警備、外食、物流などあらゆる場面で利用されるサービスロボット。半導体不況や米中貿易摩擦などを背景に、世界の製造業向けロボット投資が冷え込む中でも、サービスロボットは安定成長ぶり... <続きを読む>


» トピックス一覧をみる

関連ニュース


» 関連ニュース一覧をみる