企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

トラッカー / ナビゲーション機器を対象としたROMベースのGNSSモジュールを発表

(2019/6/21)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:STマイクロエレクトロニクス

トラッカー / ナビゲーション機器を対象としたROMベースのGNSSモジュールを発表



STマイクロエレクトロニクス(NYSE:STM、以下ST)は、GNSS製品ポートフォリオを拡充するROMベースのTeseo-LIV3Rモジュールを発表しました。価格競争力に優れたこのモジュールは、コスト要求の厳しいトラッカーおよびナビゲーション機器向けに、STの完全なGNSSアルゴリズム技術を提供します。

STの新しいGNSSモジュールは、走行距離計の機能(距離計3個、到達距離を通知するアラート機能を含む)およびジオ・フェンシング機能(最大8個の範囲円を設定可能、越境時のアラーム機能を含む)を搭載しています。また、リアルタイム型のアシステッドGNSSに対応しており、サーバに常時接続することで途切れなく位置データを取得し、信頼性の高いナビゲーションを実現できます。

衛星航法補強システム(S-BAS)とRTCM(1) V3.1準拠の差動測位を使用し、複数の衛星測位システム(GPS、グロナス、北斗および準天頂衛星)を同時に追跡することで、1.5メートル以下(50% CEP(2))という優れた精度を実現します。-163dBmのトラッキング感度と1秒未満のTTFF(初期位置算出時間)により、過酷な用途でも高い性能を確保できます。また、同モジュールは使いやすく、NMEA(3) コマンドにも対応しています。

Teseo-LIV3Rは、測位精度、平均消費電流、測位頻度に応じた消費電力の調整が可能になっており、RTCによるバックアップを使用したスタンバイ・モード(15µA以下)と複数の低消費電力モードを搭載しているため、バッテリによる長時間駆動が求められる機器に最適です。低消費電力モードには、連続的に測位を行いながら不要な衛星を適宜オフする適応型や定期的にオン・オフを繰り返すサイクル型、GPSのみで設定期間ごとに測位する間欠型、スタンバイ状態を維持しながら要求時のみ測位するオンデマンド型などがあります。

Teseo-LIV3Rは、製品開発の簡略化や期間短縮のため、FCCの承認をすでに取得しているほか、STM32 Open Development Environmentに対応しています。先進的な位置情報技術、スマート・トラッキング、およびサーバ・ベースのアシステッドGNSSに対応したSTM32アプリケーションの利用に加え、EVB-LIV3x評価ボードとX-NUCLEO-GNSS1A1拡張ボードが用意されているため、このハードウェアを用いて開発を迅速に進めることができます。また、PC用のツールであるTeseo Suiteを使用することで、デバイスの設定や性能の最適化が簡単に実行できます。さらに、開発者はSTのGNSSコミュニティに参加することで、情報を共有してこの分野の理解を深めることが可能です。

Teseo-LIV3Rモジュールは現在量産中で、LCC18モジュール(9.7 x 10.1mm)で提供されます。単価は1000個購入時に約7.30ドルです。

詳細については、https://www.st.com/ja/positioning/gnss-modules.html をご覧ください。

(1)  RTCM:Radio Technical Commission for Maritime Services
(米国海上無線技術委員会)
(2)  CEP:平均誤差半径
(3)  NMEA:National Marine Electronics Association
(全米舶用電子機器協会)

STマイクロエレクトロニクスについて
STは、私たちの暮らしに欠かすことのできないエレクトロニクス機器に、優れた性能と高い電力効率を特徴とした半導体を提供する世界的な総合半導体メーカーです。あらゆるシーンで活躍するSTの製品は、お客様が開発する次世代モバイルやIoT機器の他、よりスマートな自動車、工場、都市および住宅を可能にします。STは、生活をより豊かにする技術革新を通じ、「life.augmented」の実現に取り組んでいます。STは、10万社を超えるお客様に半導体を提供しており、2018年の売上は96.6億ドルでした。さらに詳しい情報はSTのウェブサイト( http://www.st.com )をご覧ください。

◆ お客様お問い合わせ先
〒108-6017 東京都港区港南2-15-1
品川インターシティA棟
STマイクロエレクトロニクス(株)
オートモーティブ & ディスクリート製品グループ
TEL: 03-5783-8260 FAX: 03-5783-8216

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

令和上司のすすめ
「部下の力を引き出す」は最高の仕事

令和上司のすすめ 「部下の力を引き出す」は最高の仕事

図解!わかりやすーい強度設計実務入門
基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

図解!わかりやすーい強度設計実務入門 基礎から学べる機械設計の材料強度と強度計算

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2
―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

必携「からくり設計」メカニズム定石集 Part2 ―図でわかる簡易自動化の勘どころ―

設計の業務課題って、どない解決すんねん!
上司と部下のFAQ 設計工学編

設計の業務課題って、どない解決すんねん! 上司と部下のFAQ 設計工学編

単位操作を理解して生産性を向上! 
食品工場の生産技術

単位操作を理解して生産性を向上! 食品工場の生産技術

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版
平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

機械製図CAD作業技能検定試験1・2級実技課題と解読例 第3版 平成29年度、平成30年度、令和元年度試験の過去3年分を解説

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる