企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

社会問題を解決する”ヒアラブルテクノロジー”世界初、完全骨伝導イヤホン

(2019/7/24)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:BoCo株式会社

社会問題を解決する”ヒアラブルテクノロジー”世界初、完全骨伝導イヤホン

世界初、完全ワイヤレス骨伝導イヤホン

世界初『完全ワイヤレス骨伝導イヤホンearsopen(R) PEACE』がクラウドファンディングをスタート。 開始12時間で1000万達成! WHOが警告するスマホ難聴リスク/低い補聴器普及問題を 日本発スタートアップのヒアラブルテクノロジーが解決!


報道関係各位
                                           BoCo株式会社
                                           株式会社ワンモア
                                           2019年7月24日


BoCo株式会社は、2019年7月23日にCCC(TSUTAYA)グループのクラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING(グリーンファンディング)」にて、世界初、完全ワイヤレス骨伝導イヤホン「PEACE(ピース) 聴覚補助モデル/音楽モデル」の先行販売をスタートし、開始12時間で1000万を達成しました。

▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼ ▼
2019年2月にWHOはスマホの普及等を背景に、若年層の2人に1人が難聴リスクにさらされているといわれて警告を鳴らしています。一方急速に高齢化が進む日本国内における補聴器の使用率は20%に満たないと言われています。
earsopen(R)は骨を通じて音を聴く事で、耳を塞がない=鼓膜を使わない骨伝導イヤホンです。
BoCo株式会社は創業から累計10モデル以上の骨伝導製品開発・発売実績を経て、
世界で初めて、完全ワイヤレスの骨伝導イヤホンを開発しました。

最新ヒアラブルテクノロジーの結晶である本製品を通じて、若い方々や聴こえに不安のある方々など全世界の人々の聴こえを守り、覚醒させることを目指します。


▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲ ▲




聴こえを守り、聴こえを届ける。世界初の聴覚補助(集音)機能付き完全ワイヤレス骨伝導イヤホン。
-for communication

骨を振動させて音を伝えるので、聴こえに不安のある方のコミュニケーションにも役立ちます。また、
世界初の完全ワイヤレス機構と小型化により、聴覚補助製品を身につけているとは周囲から思われる
ことのないスマートでユニバーサルなデザインを実現しました。 集音システムも初代モデルより
大幅にアップデート。既存の様々な製品と比べても、突然の大きな音や自分の声による違和感が軽減された、
ストレスフリーの聴覚補助機能を実現しています




究極のながら聴き。周囲の音も逃さず、音楽を楽しめる。軽く、外れにくく、IPX7等級の防水設計。
-for music

このイヤホンは骨で音を聴く、骨を振動させて音を伝える、ということを世界で初めて、完全ワイヤレスで実現しました。
街を移動しながら安心して音楽を楽しみたい
音楽を聴きながら会話したい
オフィスで仕事をしながら音楽を聴きたい
音楽を聴きながら安全にランニングしたい
こうした骨伝導イヤホンならではの体験を、更にストレスフリーでスマートなものにアップデートしました。IPX7等級の防水設計。ランニングをはじめとしたスポーツシーンでも安心してお使いいただけます。


○ 従来の骨伝導では表現が難しかった量感と中低音域を届ける、「i」型デザイン


誰にでも最高の聴こえを届ける装着位置と装着方法について、開発の手を休めることはありませんでした。そして、完全ワイヤレスの課題と共に出した答えは、BoCoの骨伝導デバイスのみが可能となる「i」型デザインでした。 世界最小の骨伝導デバイスを最も骨伝導の能力を発揮する耳介の内側後方に装着するために生まれた、デバイスホールド部とアーム部の最適設計により、従来の骨伝導イヤホンでは難しかった量感と中低音域を表現し、音漏れ低減を実現することが出来たのです。

○最先端ヒアラブルテクノロジーの詰まった、イヤカフ形状による最高の骨伝導サウンドとフィット感
この独特な形状はデザイン性のみならず、機能面も突き詰められた形状です。骨伝導部分が、耳のスイートスポットに完璧にフィットすることで、高品質な骨伝導デバイスの振動を余すことなく効率的に伝えることができます。また、しっかりとしたホールド感により、日常生活のみならず、運動時にも安心してつけていただくことができます。


○さらに進化した骨伝導デバイス
イヤカフ形状のみならず、骨伝導デバイスもさらに進化を遂げました。より小さく、より効率的に振動をつたえられるような仕様にアップデート。様々な形状や、リスニングポイントを研究してきた我々BoCo社だからこそできる世界に誇る骨伝導デバイスです。


○スペック
■音楽モデル(for music)
●無線タイプ
品番 TW-1
通信方式 Bluetooth Ver5.0
プロファイル A2DP,AVRCP,HFP,HSP,SPP
デバイス Φ10 骨伝導デバイス
充電 専用クレードル
マイク 通話用
動作時間 4時間(当社規定)
充電時間 1時間
材質 PC (ポリカーボネイト)
サイズ 36mm*27mm*15mm
重量 15g(左右セット)
アプリ対応 Android、iOS

●有線タイプ
品番 WR-6
接続方式 3.5mmミニプラグ(リモコン・マイク)
デバイス Φ10 骨伝導デバイス
材質 PC (ポリカーボネイト)
サイズ 31mm*27mm*15mm
重量 15g(ケーブル含まず)

■聴覚補助モデル(for communication)
品番 TWHA-1
通信方式 Bluetooth Ver5.0
プロファイル A2DP,AVRCP,HFP,HSP,SPP
デバイス Φ10 骨伝導デバイス
操作ボタン Power/Vol+/Vol-
充電 専用クレードル
マイク 通話用 集音用(ステレオ)
動作時間 4時間(音楽)5時間(集音)(当社規定)
充電時間 1時間
材質 PC (ポリカーボネイト)
サイズ 36mm*27mm*15mm
重量 15g(左右セット)
アプリ対応 Android、iOS

○クラウドファンディングで先行販売 
現在、CCC(TSUTAYA)グループのクラウドファンディングサイト「GREEN FUNDING(グリーンファンディング)」にて先行販売を実施しております。

<コース> 
■音楽モデル:無線タイプ
・学割プラン    ¥28,380 → ¥15,800 (44%OFF)
・Super Early Bird ¥28,380 → ¥15,800 (44%OFF)※完売
・Early Bird    ¥28,380 → ¥16,800 (41%OFF)

■音楽モデル:有線タイプ
・学割プラン    ¥10,780 → ¥7,700 (29%OFF)
・Super Early Bird ¥10,780 → ¥7,700 (29%OFF)
・Early Bird    ¥10,780 → ¥8,200 (24%OFF)

■聴覚補助モデル
・学割プラン    ¥107,800 → ¥55,000 (49%OFF)
・Super Early Bird ¥107,800 → ¥55,000 (49%OFF)
・Early Bird    ¥107,800 → ¥65,000 (40%OFF)

※価格はすべて税込み・送料込み。
※その他のコース、および詳細は下記プロジェクト公開URLをご参照ください。


[プロジェクト公開URL]  https://greenfunding.jp/lab/projects/3016
[公式ページURL]  https://boco.co.jp/
[PRムービー]  https://www.youtube.com/watch?v=8HozGkRoIpY
[プロジェクト実行時期] 2019年7月23日(火) ~ 10月21日(月) 

<販売元>
 BoCo株式会社  https://boco.co.jp/
弊社は製品の基礎特許を有するゴールデンダンス社の技術を使い、音への強いこだわりを持った元ソニー株式会社オーディオ事業部で開発・設計を行っていたメンバーがこの商品を開発しております。

代表取締役をはじめ、異なる経験豊かな人材が集まり、今まで世の中にないものを日本で開発・製造する
ことを目指し、世界初ハイレゾ級 骨伝導イヤホンを商品化いたしました。

日本国内を代表できるトップクラスの高い技術を持つ会社として、経済産業省のお墨付きをいただいた「飛躍Next Enterprise」プロジェクトに採択れました。
また、週刊 東洋経済 (2017年2月18日号) に弊社が有望ベンチャー企業として紹介されており、国内外での注目を受けております。

<会社概要>
商号BoCo株式会社
英文商号BoCo Inc.
設立2015年10月1日
資本金1億円
代表者代表取締役(CEO):謝端明
所在地〒104-0028 東京都中央区八重洲2-11-7 一新ビル6F
お問合せ・・・広報担当:磯部
TEL:03-6225- 2079 contact@boco.co.jp

クラウドファンディングサイト
<GREEN FUNDINGについて>
CCC(TSUTAYA)グループの株式会社ワンモアが運営するクラウドファンディングサイト。全国約1,500店舗のエンタテインメントストア「TSUTAYA」や「蔦屋書店」と連携し、ガジェット・雑貨・映画・出版・音楽など様々なジャンルのプロジェクトを掲載。現在43のパートナーと共に、1,000を超えるプロジェクトに総計16億円以上の資金調達をサポートしています。
https://greenfunding.jp/




株式会社ワンモア  https://greenfunding.jp/
〒150-0034 東京都渋谷区代官山町9-10 Soddacoビル 5R09
TEL:03-6452-6355  Mail:info@greenfunding.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門誌・海外ニュースヘッドライン

専門誌

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる