企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

TechToolPro 12(テックツールプロ12)Mac OS Catalina (10.15) に対応して新登場 - act2.com

(2019/12/10)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:act2.com

TechToolPro 12(テックツールプロ12)Mac OS Catalina (10.15) に対応して新登場 - act2.com

Catalina への対応、"Check Computer Suites" の充実や USB ドライブの SMART チェック。そして安心の TechTool Pro 自動プロテクションなどを実現。

2019年12月10日、株式会社アクト・ツーは、Micromat 社(USA)が開発した TechTool Pro(テックツールプロ)の最新バージョン v.12 を販売開始しました。このバージョンの特徴は、非常に先進的な OS である Mac OS 10.15 (Catalina) に対応したことです。Catalina は非常に先進的な OS であり、こうしたツールを開発することは容易ではありません。TechTool Pro はこれまで Mac OS に深くコミットし、診断および修復機能を提供してきました。これらの機能を削ることなく、逆に進化/最適化し、Mac OS の最新環境においても安心のプロテクションを実現しました。





【新機能】

Catalina (Mac OS 10.15) 対応
よりカスタマイズ性が向上: "Check Computer Suites" 方式 を導入
終わりなき改良と改革
USB ドライブも SMART チェック


【定番機能】

全自動フルテスト
ボリューム再構築 ツール
緊急起動ディスク eDrive
TechTool Protection:ディレクトリ構造、データのある場所の「マップ」をバックアップ
ボリュームクローニングツール
TechTool Protogo:起動可能な診断デバイス作成
100個以上の電気センサーと温度センサーテスト
Mac の冷却システムテスト
ラップトップのバッテリーテスト
ネットワークおよび Bluetooth テスト
最先端メモリテスト:macOS が占めていた領域も対象となり、テストできる RAM の量が最大化
Mac, iPhone, iPad のバッテリーテスト:バッテリーの状態が iPhone および iPad のパフォーマンスに影響を与えることが確認されています。 iOS デバイスが Mac に接続されている場合、Techtool Pro はデバイスのバッテリーをテストすることができます
Techtool Remote iOS アプリ:同じ iCloud アカウントにログインしている iOS デバイスにテスト結果を送信





【診断と修復】

マウスを1回クリックするだけで、ハードドライブの SMART Check が実行され、差し迫ったドライブ障害、RAM テスト、ディスクディレクトリの分析などが検出されます。
予防保守プログラムの一環として、定期的に Check Computer を実行しましょう。
Apple の新しい APFS ファイルシステム、標準 Mac OS 拡張ボリューム、および MS-DOS(FAT32)および ExFAT フォーマットのボリュームも修復。
よりスマートになった SMART チェック:ハードドライブには、ハードドライブの状態をコンピューターに通知できる SMART(自己監視、分析、およびレポートテクノロジ)と呼ばれるテクノロジが含まれています。 ほとんどのユーティリティでは、合格または不合格の全体的な結果のみがユーザーに報告されます。 故障状態では、ドライブが完全に故障する前にデータをバックアップする時間がほとんどまたはまったくありません。 TechTool Pro の以前のバージョンは、各属性の全体的なステータスを報告しましたが、一部の属性はドライブの障害に寄与しません。 現在、SMART Check はよりスマートになりました。 TechTool Pro は、どの属性がドライブ障害の原因であるかを認識し、ドライブが完全に故障する前に失敗した結果を報告します。 あなたのデータを救う時間を与えてくれます。
ハードドライブのパーティションマップをテストおよび修復します。
メモリー テスト:RAM の問題は非常に一般的で、さまざまなクラッシュ、プログラムエラー、さらにはデータ損失を引き起こす可能性があります。 ユーザーがディスクまたは拡張機能の問題を追跡した結果、問題は安価に交換できるメモリだったという多くのケースを見てきました。 それほど RAM はブラインドになりがちです。従って、RAM テストの一部として、コンピューターのメモリに関する膨大な量の技術的およびその他の興味深い情報を表示する SPD レポートも追加しました。





eDrive:アクティブなシステムボリュームに基づいた追加の別起動パーティションである eDrive を簡単に作成できます。これは、緊急起動パーティションとして使用したり、Macで定期的なメンテナンスを実行したりできます。 eDrive はミニマムの Mac OS で構成され、TechTool Pro 自身も含まれています。



ボリューム クローン:ボリュームの正確な複製を作成
ボリューム / ファイル 最適化:完全に最適化するには、ファイルの最適化後にボリュームの最適化を実行します。 この最適化により、ファイルストレージレイアウトが簡素化され、ドライブの全体的なパフォーマンスが向上します。
データ リカバリー:デスクトップにマウントされない破損したドライブまたはボリュームからデータを復元して、データを別の場所に保存
プロセッサ ベンチマーク:メガヘルツ表記を使用した比較の混迷を回避
ネットワーク接続テスト:Bluetooth、Wifi、イーサネット、およびその他のネットワーク、ネットワークインターフェイスをテスト
ネットワーク モニタリング:ローカルエリアネットワーク(LAN)の構成を監視
トラブル前の保護対策:TechTool Pro には、バックグラウンドで動作する自動機能を構成する TechTool Protection システム設定をインストールするオプションが含まれています。 特に、保護を設定して、削除されたファイルを追跡し、ハードドライブの空き領域を監視し、重要なディレクトリデータのバックアップを保存して、ドライブが破損した場合の復旧を支援し、ハードドライブの SMART ルーチンを監視できます。 チェックには、I / Oエラーのスキャン、電源投入時のセルフテストアラート、バッテリーの問題、RAID エラーが含まれます。 問題が見つかった場合、画面上表示および電子メールアラートが配信されます。





【製品/サービス名】
TechTool Pro 12(テックツールプロ 12)

【販売/サービス開始日】
2019年 12月 10日

【価格構成】

TechTool Pro 12 新規ダウンロード版
¥14,500(税別)

TechTool Pro 12 スタンダードアップグレード版
(TechTool Pro 11 からのアップグレード)
¥3,400(税別)

TechTool Pro 12 インターミディエイトアップグレード版
(TechTool Pro 10 からのアップグレード)
¥5,600(税別)

TechTool Pro 12 レガシーアップグレード版 
(TechTool Pro 9 以前からのアップグレード)
¥6,700(税別)

TechTool Pro 12 10 ライセンスビジネスパック ダウンロード版
¥28,000(税別)

TechTool Pro 12 10 ライセンスビジネスパック アップグレード ダウンロード版
(10 ライセンスビジネスパックからのアップグレード)
¥19,000(税別)


【詳細情報】
https://act2ai.com/ttp
https://www.act2.com

【サポート窓口】
https://support.act2.com/hc/ja/requests/new
support@act2.com

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
株式会社アクト・ツー
広報担当:加藤/仲村
電話:03-5878-1174
メールアドレス:pr@act2.com

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

設計者のための実践的「材料加工学」
材料と加工を知らなきゃ設計はできない

設計者のための実践的「材料加工学」 材料と加工を知らなきゃ設計はできない

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいNC旋盤の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいNC旋盤の本

2020年度版 
技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2020年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

IoTセキュリティ技術入門

IoTセキュリティ技術入門

設計検討って、どないすんねん! STEP2
設計環境の変化に合わせて最新の手法を活用した仮説検証型設計

設計検討って、どないすんねん! STEP2 設計環境の変化に合わせて最新の手法を活用した仮説検証型設計

BOMで実践!設計部門改革バイブル
中小・中堅製造業の生き残る道

BOMで実践!設計部門改革バイブル 中小・中堅製造業の生き残る道

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる