企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

HPE、クラウドの利便性を次世代型 as-a-Service プラットフォームで提供

(2019/12/11)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:HPE

HPE GreenLake Centralがお客様にハイブリッドクラウド環境を運用、管理、最適化するためのアザ・ア・サービス(as-a-Service)ポータルと運用コンソールを提供


※本リリースは、ヒューレット・パッカード エンタープライズ(本社:米国カリフォルニア州サンノゼ、以下:HPE)が、ミュンヘンにて2019年12月3日(現地時間)に発表した英文リリースに基づいて作成した日本語抄訳です。原文は以下をご参照ください。
https://www.hpe.com/us/en/newsroom/press-release/2019/12/hpe-delivers-the-cloud-experience-everywhere-with-next-generation-as-a-service-platform.html


HPEは本日、HPE GreenLake Centralを発表しました。エッジからクラウドまでの全ポートフォリオをサービスとして(as-a-Service)提供する戦略の次の大きなマイルストーンです。HPE GreenLake Centralは、運用コンソールを通じてハイブリッドIT環境全体の運用、管理、最適化を可能にし、全てのアプリケーションとデータの一貫性あるクラウドの利便性を提供する先進のソフトウェアソリューションです。HPE GreenLake Centralは、HPE Discover More Munichにおいて、HPEのプレジデント兼CEOのアントニオ・ネリ(Antonio Neri)の基調講演の中で発表されました。

HPE がマーケットをリードするIT as-a-Service、HPE GreenLake をさらに強力に推進するHPE GreenLake Centralは、パブリッククラウドとプライベートクラウド、データセンター、そしてエッジでのワークロードにおいて、シンプルで統合されたデジタルエクスペリエンスを提供します。この新しいプラットフォームは、コストとリスクの低減を実現し、さらなる選択肢と管理環境を提供することで業務の最大化を推進します。

クラウドは元来、新しいアプリケーションの迅速な展開を可能にするとされてきましたが、デジタルトランスフォーメーションの取り組みは、より複雑になり、高価で、なかなか進まない状況にあります。こうした困難に加え、圧倒的多数の既存のアプリケーションとデータはデータセンターに残っており、エッジにおいて飛躍的に増大しています。その結果、組織はハイブリッド環境において、互換性を持たないサイロ化された一貫性の無い経験を強いられており、全社にわたるコストとリスクに対する管理および可視性を欠いています。

このような課題を解消できるようHPE GreenLake Centralは、組織のハイブリッドIT環境全てを管理できる単一の統合されたコントロールプレーンおよび単一の運用コンソールにより、デジタルトランスフォーメーションの取り組みを指揮、推進することを可能にします。これらはすべてas-a-Serviceとして提供されます。このプラットフォームは、アプリケーションを開発するためのツール選定の自由および、ワークロードとデータをどこにどのように配置するかを選択する自由を提供し、利用分に対して支払うことを可能にします。

HPE GreenLake Centralは、組織の各役割がより高い成果を得るための強力な機能とメリットを提供します。

・CIO:統一されたダッシュボードと運用コンソールにより、業務サービスの仲介者としての位置づけでハイブリッドIT環境のコントロールを取り戻すことができます。CIOはセキュリティや容量、コスト、コンプライアンス、リソース使用状況といった様々なKPIに基づいて監視し、対応策を講じることで、イノベーション、戦略、ハイブリッドITへの対応から運用への移行に注力することができます。HPE GreenLake Centralがオンプレミス環境にセルフサービス経験をもたらし、CIOには他に類を見ない可視性とコントロールを与えるため、ハイブリッドITの運用にかかる負荷から解放され、イノベーションや戦略の構築に集中できるようになります。

・開発者:簡単な「ポイント、クリック、ゲット」で利用できる従量課金のプラットフォームにアクセスして、運用の基礎であるインフラストラクチャを気にせずに、コードを書き、リリースして迅速に展開することができます。開発者は、HPEとパートナー企業がマーケットプレースを通じて提供する幅広いツールとサービスを使用でき、アプリケーションを迅速に設計、開発できる単一の「ワークベンチ」を持つことができます。

・CFO:ハイブリッドIT環境におけるテクノロジー関連の支出をリアルタイムで確かめることができます。パブリッククラウドとプライベートクラウド、データセンター、エッジ環境でのユーザー、チーム、事業部門ごとの支出を確認できます。HPE GreenLake Centralは、コストをコントロールし、プロジェクトが予算内に進行することを可能にする今までにない可視性をCFOに提供します。

・法務、コンプライアンス、セキュリティ:ハイブリッドIT環境におけるガバナンスとセキュリティステータスについて単一の総合的な見解を得ることができます。ユーザーは、KPIダッシュボードからリスクを認識でき、1,000以上のコントロールを活用して、自社および業界の規則に基づくコンプライアンスを遵守するための対策を講じることができます。リスクや不履行を簡単に発見、対応でき、わかりやすいレポートは監査に費やす時間の大幅な短縮を可能にします。

・全てのユーザー:エッジからクラウドまでの全てのワークロードにおける一貫したクラウド利用感のシンプルさのメリットが得られます。

HPEのプレジデント兼CEOのアントニオ・ネリ(Antonio Neri)は、次のように述べています。「HPE GreenLake Centralは、ハイブリッドITのゲームの様相を変える変革プラットフォームです。企業内の全てのユーザーが、このユニークなコンソールを通じて組織を動かし、効果的な業務の遂行による成果を得ることができるようになります。CIOは、戦略的サービスの仲介者として行動でき、全ての人が一貫性あるクラウドの利便性からメリットを得ることができます。この結果、コストとリスクは引き下げられ、選択肢が増え、コントロール、容易さ、スピードの向上がもたらされます。」

このたびの発表は、HPE GreenLakeの成長とともに、2022年までに全てのポートフォリオをサービスとして(as-a-Service)提供するというHPEのコミットメントを強化するものです。HPEは、オンプレミスITのas-a-Serviceモデルの先駆者です。従来のITベンダーは追従を試みていますが、HPE GreenLakeの独自のメータリング、コストコントロール、ソフトウェアIP、そしてHPE Financial Servicesのサポートにより、競合他社が真似のできない差別化されたソリューションを提供しています。

HPE GreenLakeはHPE内で成長スピードが最も速い事業の一つで、今年だけで160社のお客様を獲得するなど、世界中に740社以上のお客様と契約しています。さらに、HPEはワールドクラスのパートナーコミュニティを通じ、HPE GreenLakeの提供を独自に実現しています。2019年には、チャネル経由でのHPE GreenLakeの注文は200%以上の伸びを達成しました。

〈提供開始時期〉
HPE GreenLake Centralは現在お客様向けに試験導入しています。HPEのGreenLakeのお客様にはHPEの2020年第一四半期の終わりまでに、ご利用いただけるようになります。詳細情報は、以下のURLをご参照ください。
www.hpe.com/greenlake


■ヒューレット・パッカード エンタープライズ(HPE)について
HPEは、エッジからクラウドまでのプラットフォームをサービスとして(as-a-Service)提供するグローバル企業です。あらゆる場所に蓄積される全てのデータの価値を解き放ち、事業の成果を加速させるお手伝いをします。人々の生活そして働き方の向上を目指し、数十年にわたって未来の再考とイノベーションを重ね、HPEはユニークながらオープンでインテリジェントなテクノロジーソリューションを提供しています。すべてのクラウドとエッジにわたる一貫性のある利用感により、お客様が新たなビジネスモデルを開発し、新たなエンゲージメントを展開し、運用のパフォーマンスを最大化できるようサポートしています。詳細はwww.hpe.com でご確認ください。

■プレスルーム
https://www.hpe.com/jp/ja/japan/newsroom/press-release.html

                         # # #

このプレスリリースで使用されているその他の製品名は識別の目的のためのみに使用されており、それぞれの企業の商標である場合があります。文中の社名、商品名は、各社の商標または登録商標です。

■お客様からのお問い合わせ先
(記事掲載時のお問合わせ先もこちらでお願いいたします。)
カスタマー・インフォメーションセンター
TEL:0120-268-186 (携帯、PHS:03-5749-8279)

(C) 2019 Hewlett Packard Enterprise Development LP
製品およびサービスに関する保証条件は製品およびサービスに付属する保証書に明示された保証条件のみによるものとし、本ニュースリリースの記載内容はいかなる追加保証をも行なうものではありません。当社は本レターの記載内容に技術上の誤り、欠落または本ニュースリリース作成にあたっての誤り、記載漏れがあった場合でも何ら責任を負わないものとします。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる