企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

ロボットSIer、IDECファクトリーソリューションズが協働ロボット「JAKA」の取り扱いを開始。東京ビッグサイトで開催の2019国際ロボット展・IDECブースで公開いたします。

(2019/12/17)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:IDECファクトリーソリューションズ株式会社

ロボットSIer、IDECファクトリーソリューションズが協働ロボット「JAKA」の取り扱いを開始。東京ビッグサイトで開催の2019国際ロボット展・IDECブースで公開いたします。

~圧倒的なコストパフォーマンスを誇る協働ロボットJAKA、中小製造業に新たな選択肢を提供~

IDECファクトリーソリューションズ株式会社(愛知県一宮市、代表取締役:武仲 清貴)はロボットシステムインテグレータとして、「JAKA」の協働ロボット取り扱いを開始。 従来取り扱ってきたユニバーサルロボット、KUKAなど、グローバルで高い評価を受けるロボットメーカー各社の協働ロボットに加え、JAKA日本市場総代理店の進和株式会社と連携し、「JAKA」という新たな協働ロボットの選択肢を提供。 「JAKA」は他社協働ロボットと比べ、圧倒的な価格優位性を持つため、これまで価格面から協働ロボット導入を躊躇していた中小製造業への導入が加速するものと考えています。 なお、弊社が取り扱う「JAKA」協働ロボットは2019年12月18日から東京ビッグサイトで開催の2019国際ロボット展のIDEC出展ブースにて公開いたします。


協働ロボットシステムのインテグレーション事業を展開するIDECファクトリーソリューションズ株式会社(愛知県一宮市、代表取締役:武仲 清貴)はロボットシステムインテグレーターとして、ユニバーサルロボット、KUKAなど、世界的に評価の高いロボットメーカー各社の協働ロボットを取り扱ってまいりましたが、この度、これまでの協働ロボットに加え、JAKA日本市場総代理店の進和株式会社と連携し、中国製「JAKA」の協働ロボット取り扱いを新たに開始いたしました。
JAKA Zu7
「JAKA」の協働ロボットは、技術の高さはもちろんですが、コストパフォーマンスの高さからも注目を集めています。他の協働ロボットメーカーと比較してもロボット本体の価格優位性は圧倒的です。そのため、これまで協働ロボット導入を、主にコスト面から躊躇していた中小製造業の製造現場での導入が加速するものと考えています。

なお取り扱い開始に際して、2019年12月18日水曜日より東京ビッグサイトで開催される2019国際ロボット展、IDEC出展ブースにて、公開いたします。またブースではJAKA+ROBOTIQ、ABB+Pickit、KUKA+ROBOTIQといった各種ロボットのデモ展示はもちろん、8月より取扱開始しております自律走行搬送ロボット・MiRや、11月のIIFESにて展示いたしましたAMRなど、弊社が取り扱う他社のロボットやハンドも展示しています。弊社展示ブースへのご来場をお待ちしております。

 ■展示会概要
 名称:2019国際ロボット展
 会期:2019年12月18日(水)~21日(土) 10時~17時
 会場:東京ビッグサイト
 小間番号:西1ホール W1-47

【JAKAについて】

JAKA Roboticsは2014年に中国で創業しました。
上海交通大学ロボット研究所が1979年以来培ってきたコア技術および研究開発のDNAを受け継ぎ、ロボット開発分野における権威的な専門家10名以上および経験豊富な技術者100名以上によって強力な研究開発チームを結成。
ドライブ・コントロール・イインテグレーション、インテグラル・ジョイント、フリードライブ・プログラミング、ワイヤレス・コネクションなど複数の応用分野で画期的な実績を打ち立て、常にロボット開発のトレンドをリードしてきました。
JAKAは「ロボットにより人間の両手を自由にする」ことをミッションに掲げ、ひたむきな、専門的な、独創的な精神を貫き、知恵の火種を世界の隅々へ送り届け、さまざまな企業がインダストリー4.0時代に円滑な事業展開ができるようサポートしています。

 ●JAKA日本市場総代理店の進和株式会社  http://www.shinwa-head.co.jp/


【IDCファクトリーソリューションズについて】

東証一部上場、IDEC株式会社の子会社で、愛知県一宮市を拠点にロボットシステム事業、制御システム事業、図書館事業の3事業を柱に、お客様の課題解決に最適なソリューションを提案・提供しています。
ロボットシステム事業は2016年より本格的に始動。IDECグループのロボットシステムインテグレータとして日本を代表する自動車メーカーや部品製造メーカーなど、多くの製造業へ協働ロボットシステムやロボット周辺機器を納入しています。


愛知県一宮市と東京都品川区には協調安全ロボットテクニカルセンターを設け、取り扱う協働ロボットや周辺機器のデモンストレーション展示のほか、お客様のワーク検証やセミナーを実施しています。

また協働ロボットに関する情報を提供する「協働ロボット.com」を運営、協働ロボットに関する入門的な情報から具体的な導入を検討するために必要な専門情報まで、幅広い情報を提供しています。

 ●協働ロボット.com https://www.kyodo-robot.com/


本件に関するお問い合わせは、下記までお寄せください。
【製品及びプレスリリースに関するお問い合わせ】
IDECファクトリーソリューションズ株式会社
ロボットシステム事業本部 鈴木・佐野
TEL:0586-73-8300 (代)
FAX:0586-73-9697
E-MAIL: info_factory@jp.idec.com

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

技術士(第一次・第二次)試験 
「電気電子部門」受験必修テキスト
第4版

技術士(第一次・第二次)試験 「電気電子部門」受験必修テキスト 第4版

技術士第二次試験 
「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 
「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第5版

技術士第二次試験 「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第5版

技術士第二次試験 
「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいNC旋盤の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいNC旋盤の本

2020年度版 
技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2020年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる