企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

【選挙を便利で透明に】アクトとクーガーがブロックチェーンを活用した選挙システムを共同開発・運用

(2020/1/27)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:クーガー株式会社

【選挙を便利で透明に】アクトとクーガーがブロックチェーンを活用した選挙システムを共同開発・運用

最先端技術開発のクーガーと選挙システム提供実績を持つアクトが連携

クーガー株式会社と株式会社アクトは共同で、ブロックチェーン選挙システム「OMEGA(オメガ)」の開発・運用を開始する事を発表いたします。全国約300の自治体で選挙システムの利用実績を持ち、法律的知見も兼ね備えているアクトと国内外においてブロックチェーン技術を用いた様々なプロジェクト実績を持つクーガーが連携することで、新しい技術の社会実装を牽引していく事を目指します。



クーガー株式会社(本社: 東京都渋谷区、代表取締役CEO: 石井敦、以下「クーガー」)と、株式会社アクト(本社:東京都文京区、代表取締役社長:小林泰彦、以下「アクト」)は共同で、ブロックチェーン選挙システム「OMEGA(オメガ)」の開発・運用を開始する事を発表いたします。

ブロックチェーン選挙システム「OMEGA(オメガ)」は、匿名化(ゼロ知識証明)によって秘密投票の原則を維持しながら、投票結果の透明性を担保し、選挙管理における人手作業の煩雑性を解消する事を目的として開発に取り組んでいます。

国会では投票者の個人情報の扱いに関して、国民投票法の改正案の議論が進められています。両社が開発する選挙システムは国民投票にも対応しており、社会インフラとして選挙を支えていくことを目指しています。

ブロックチェーンを活用し選挙を便利で透明に

現在の選挙制度の課題
・手作業で開票作業を行うため、非常に手間がかかる。
・名前が似ている候補者の集計ミス問題など、手作業ゆえの人為的ミスが生まれやすい。
・電子投票ができないことによる若い世代を中心とした投票率の低下。
・物理的制約により、高齢者や身体の不自由な人が投票に行くことが困難。


電子投票の課題
電子投票のようなIT化は、人為的ミスや物理的制約がなくなる一方で課題も残されています。
・ハッキングや内部陰謀による情報の改ざん耐性・透明性担保
・安全な個人情報管理

両社は選挙のシステム化によってオペレーションの効率化を実現しながら、ブロックチェーン技術を活用する事で情報の改ざんに強い”透明で便利な投票サービス”の実社会への提供に取り組んでいきます。また、情報の匿名化によって個人情報と投票情報を切り離し、選挙の4大原則の1つである『秘密選挙』を維持する事ができるサービスを設計します。


ブロックチェーン技術を活用した選挙システムに期待できること
ブロックチェーン技術を用いることで、電子投票がもたらす長所を生かしながら、同時にその短所を補っていくことを目指しています。

◆ブロックチェーン活用のメリット
・集計不正防止:改ざんが困難な投票履歴
・匿名性の確保:投票者の個人情報と投票情報を切り離し、個人の特定が困難な形で選挙の結果が正しいものと証明する

また、ブロックチェーンの課題として「スケーラビリティ」「処理スピード」が常に挙げられます。クーガーではブロックチェーンサービスを実用レベルに近づけるために処理情報コストの最小化とスピードを維持しながら、透明性も担保する選挙システムを構築します。
現行と法整備後の投票選挙システムの比較
提携の狙い
今回の提携は、全国約300の自治体で選挙システムの利用実績を持ち、法律的知見も兼ね備えているアクトと国内外においてブロックチェーン技術を用いた様々なプロジェクト実績を持つクーガーが新しい技術を時代にあわせて組み合わせ、社会実装を進める事が狙いです。


今後の課題
現在、行政が管理している国民の個人情報の一部は「インターネットへ接続をしない事」を条件に認可がおりている第三者機関に提供されています。これは投票者の個人認証やデータ管理を困難にします。一方、2016年から開始されたマイナンバー制度を活用する機運の高まりによって、上記の課題をクリアする可能性も高まっています。

実際に、つくば市は2018年にマイナンバーカードとブロックチェーンを活用した電子投票のプロジェクトを実施しています。まだ、国内のみならず世界的にも事例は僅かですが、日本が先駆けとなって新しい技術の社会実装を牽引していく事を目指します。


株式会社アクト
官公庁向けに様々なシステム開発・運用実績をもち、機器販売からインフラ構築、ヘルプデスクを含めた運用保守までを総合的にサポートしています。透明性のある便利で安心な社会の実現を目指し、AI・Blockchain・OCR等を活用したシステム開発に取り組んでおります。

会社HPhttps://www.act1.co.jp/
問い合わせ:omega@act1.co.jp


クーガー株式会社
AI・IoT・AR/VR・ブロックチェーンを組み合わせ、人型AIアシスタントを可能にする技術プラットフォーム「コネクトーム」の開発・提供をしています。世界トップカンファレンスでのAI技術の論文採択やゲーム開発実績など、幅広い分野の技術開発に取り組んでいます。

会社HP:https://couger.co.jp/
問い合わせ:https://couger.co.jp/contact.html

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

技術士(第一次・第二次)試験 
「電気電子部門」受験必修テキスト
第4版

技術士(第一次・第二次)試験 「電気電子部門」受験必修テキスト 第4版

技術士第二次試験 
「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 
「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第5版

技術士第二次試験 「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第5版

技術士第二次試験 
「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいNC旋盤の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいNC旋盤の本

2020年度版 
技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2020年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる