企業リリース Powered by PR TIMES

PR TIMESが提供するプレスリリースをそのまま掲載しています。内容に関する質問 は直接発表元にお問い合わせください。また、リリースの掲載については、PR TIMESまでお問い合わせください。

FLASHFORGEの日本総代理店であるAPPLE TREE株式会社が、金属フィラメントに対応したFFF(熱溶解積層)方式3Dプリンターの日本限定モデル「Adventurer3X」の予約販売を開始。

(2020/1/28)

カテゴリ:商品サービス

リリース発行企業:APPLE TREE 株式会社

FLASHFORGEの日本総代理店であるAPPLE TREE株式会社が、金属フィラメントに対応したFFF(熱溶解積層)方式3Dプリンターの日本限定モデル「Adventurer3X」の予約販売を開始。

APPLETREE株式会社は、金属フィラメントに対応したデスクトップ型FFF方式3Dプリンターの日本限定モデル「Adventurer3X」の予約販売を開始した。

FLASHFORGE(フラッシュフォージ)の日本総代理店であるAPPLE TREE株式会社(大阪)が金属フィラメントに対応したデスクトップ型FFF方式3Dプリンターの新製品「Adventurer3X」の予約販売を開始した。




デスクトップ型3Dプリンターで有名なメーカーFLASHFORGE社の日本総代理店であるAPPLE TREE株式会社は2020年1月24日、新製品「Adventurer3X」の販売を開始した。Adventurer3Xは、FLASHFORGE社が新しくリリースした金属フィラメントに対応したデスクトップ型FFF方式用3Dプリンターです。



Adventurer3XはFLASHFORGEがリリースしている「Adventurer3」の日本限定モデルで、新たにカーボンプラットフォームと0.3mmのノズルが搭載されている。それによって樹脂でもこれまで以上の精度で高クオリティにモデルを印刷できるようになっている。また、大きな目玉として、金属フィラメントの出力が可能だ。

10万円を切る低価格帯3Dプリンターであるにも関わらず、金属フィラメントに対応しており、これまでと比べ気軽に金属部品をプリントできるようになった。


製品の特徴
1.フィラメント検出機能搭載
Adventurer3Xにはフィラメントが切れを検出し、印刷を自動停止する機能が備わっている。自動停止後には新しいフィラメントを継ぎ足し、印刷を再開することが可能だ。これによってフィラメントが切れたままの空印刷が防がれ、無駄な時間を削減できる。



2.様々なフィラメントに対応
FFF方式のプリンターのため、3Dプリンターの利用シーンで一般的に使われるPLAやABSはもちろん、金属フィラメントにも対応している。これまでと比べ気軽に金属部品をプリントできるようになった。





3.非常に静かなため、夜間の稼働も気にせず
高性能なモータードライバーが使用されているため、稼働時の騒音レベルが45dBと、とても静かだ。45dBは大体、図書館内くらいの静かさなので、まったく気にすることなく稼働させることが可能だ。



4.カーボンプラットフォーム搭載
樹脂だけではなく、金属フィラメントにも対応したカーボンファイバー製プラットフォームが付属。印刷後のモデルを非常に剥がしやすいという特徴も持っている。



5.オートキャリブレーションで簡単にセットアップ
FLASHFORGEが特許取得済みのエクストルーダーの構造によって、面倒なキャリブレーション(水平出し)が基本的に必要ない。これによって、不適切な水平出しによる印刷の失敗が激減。



6.エアフィルターで臭いを逃さず
Adventurer3Xにはフィルターが採用されており、周囲に匂いを排出させづらい仕組みになっている。




7.印刷中の様子をカメラでいつでも確認
印刷のプロセスを遠隔監視するためのカメラを搭載。スマートフォンやPCに無料アプリをインストールするだけで、どこからでも印刷の進行状況を確認することが可能だ。




8.造形サイズ
卓上にもおける小さい筐体にもかかわらず、150*150*150mmという造形サイズを実現。



9.用途によって使い分けが可能な2種類のノズル
微細なノズル径を持ったステンレス製ノズルは、抗ケミカル質の小径0.3mmと大径0.4mmの2本が付属。金属フィラメントも含め、豊富な素材のプリントが可能になっている。


10.金属モデルの制作プロセス
3Dプリント技術と金属射出整形技術を組み合わせ、全く新しい手法で金属パーツを製造。コストの大幅な削減が可能。

出力後、脱脂・焼結作業を実施した後の出力パーツ




手前から順に焼結後、脱脂後、出力直後




製品仕様は以下の通り。


FLAHSFORGEは、2012年6月以来、7年間にわたり3Dプリンターの開発と販売を促進し、活用を支援してきました。日本総代理店であるAPPLE TREE株式会社は、日本マのーケティングを担当しており、FLASHFORGE社製3Dプリンターの販売・保守サポートを行う一方、独自の3Dプリンターの企画製造販売もおこなっています。2012年10月の創業以来、国内で1万台以上の販売実績を誇り、製造業を始めとするものづくりのお客様や教育機関へ向けて3Dプリンターの拡販を展開します。

■会社概要
会社名:AppleTree株式会社
所在地:〒556-0005 大阪府大阪市浪速区日本橋4丁目5番地9号
設立:2012年10月
事業内容:3Dプリンターの企画製造および販売
総合ホームページ:https://appletree.jp.net
3Dプリンターページ:https://flashforge.co.jp

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

※ ニュースリリースに記載された製品の価格、仕様、サービス内容などは発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承下さい。

おすすめコンテンツ

技術士(第一次・第二次)試験 
「電気電子部門」受験必修テキスト
第4版

技術士(第一次・第二次)試験 「電気電子部門」受験必修テキスト 第4版

技術士第二次試験 
「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 
「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第5版

技術士第二次試験 「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第5版

技術士第二次試験 
「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいNC旋盤の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいNC旋盤の本

2020年度版 
技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2020年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる